お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2021-08-24 11:15
[ショートペーパー]ダウンリンクMU-MIMOのための繰返しランダムアクセスによるユーザスケジューリング
魯 宥辰田野 哲侯 亜飛岡山大SRW2021-16
抄録 (和) このペーパーでは、MU-MIMOシステムのダウンリンクのユーザースケジューリング方法を調査する。

基地局(BS)がチャネルの相互関係を通じてユーザーのチャネル情報を学習し、プリコーディングテクノロジーを備えたシステムにより適したものにするために、時分割複信(TDD)モードのダウンリンクMU-MIMOシステムを選択します。 さらに、システムに最小平均二乗誤差(MMSE)プリコーディングを追加しました。これにより、複数のユーザー間の通信干渉を効果的に抑制することができます。

ユーザースケジューリングは、最適なユーザーのセットを選択することによってチャネル容量を増やし、それによってマルチユーザー多入力多出力(MU-MIMO)ゲインを増やします。 ただし、多くの既存のユーザースケジューリング方法のどれがダウンリンクMU-MIMOシステムの利点を十分に活用できるかを知ることは困難です。 本論文では、ダウンリンク$ N_ mathrm {T} times N_ mathrm {R} $ MU-MIMOシステムにおける4つの異なるユーザースケジューリング方法を比較し、各方法のシミュレーション結果に従って、より適切な方法を提案します。 さまざまな条件での効率的なユーザースケジューリング方法。 
(英) This paper investigates the user scheduling method for the downlink of the MU-MIMO system.

As we all know, multiple-input and multiple-output (MIMO) technology has become one of the main technologies. The multi-user and multiple-input multiple-output (MU-MIMO) system has also attracted more and more attention. However, since MU-MIMO system share the same time and frequency resources, multi-user co-channel interference (CCI) is inevitably introduced, which affects the reliable reception of data and reduces the throughput of the MU-MIMO system. In order to effectively suppress the CCI of multiple users, the base station (abbreviated as BS) needs to use a reasonable user scheduling method.

In order to make the base station (BS) learn the user's channel information through channel reciprocity and more suitable for systems with precoding technology, we choose downlink MU-MIMO system in Time Division Duplex (TDD) mode. In addition, we also added minimum mean squared error (MMSE) precoding to the system, which can effectively suppress the communication interference between multiple users.

User scheduling increases the channel capacity by selecting a set of best users, thereby increasing the multi-user multiple input multiple output (MU-MIMO) gain. However, it is difficult to know which of the many existing user scheduling methods can give full play to the advantages in downlink MU-MIMO system. In this paper, we compare four different user scheduling methods in a downlink $N_mathrm{T} times N_mathrm{R}$ MU-MIMO system, and according to the simulation results of each method, we propose a more suitable and efficient user scheduling method in different conditions.
キーワード (和) MU-MIMO / ユーザースケジューリング / プリコーディングテクノロジー / / / / /  
(英) MU-MIMO / User Scheduling / Precoding Technology / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 121, no. 145, SRW2021-16, pp. 13-13, 2021年8月.
資料番号 SRW2021-16 
発行日 2021-08-17 (SRW) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード SRW2021-16

研究会情報
研究会 SRW  
開催期間 2021-08-24 - 2021-08-24 
開催地(和) オンライン開催 
開催地(英) Online 
テーマ(和) Network,MAC,センサー関連技術,ミリ波通信,一般 
テーマ(英) WLAN, WPAN, Ad-hoc, mmWave, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 SRW 
会議コード 2021-08-SRW 
本文の言語 英語(日本語タイトルあり) 
タイトル(和) ダウンリンクMU-MIMOのための繰返しランダムアクセスによるユーザスケジューリング 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Opportunistic Scheduling for Downlink MU-MIMO Systems 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) MU-MIMO / MU-MIMO  
キーワード(2)(和/英) ユーザースケジューリング / User Scheduling  
キーワード(3)(和/英) プリコーディングテクノロジー / Precoding Technology  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 魯 宥辰 / Youchen Lu / ロ ユウシン
第1著者 所属(和/英) 岡山大学 (略称: 岡山大)
Okayama University (略称: Okayama University)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 田野 哲 / Satoshi Denno / デンノ サトシ
第2著者 所属(和/英) 岡山大学 (略称: 岡山大)
Okayama University (略称: Okayama University)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 侯 亜飛 / Yafei Hou / コウ アヒ
第3著者 所属(和/英) 岡山大学 (略称: 岡山大)
Okayama University (略称: Okayama University)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2021-08-24 11:15:00 
発表時間 15 
申込先研究会 SRW 
資料番号 IEICE-SRW2021-16 
巻番号(vol) IEICE-121 
号番号(no) no.145 
ページ範囲 p.13 
ページ数 IEICE-1 
発行日 IEICE-SRW-2021-08-17 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会