お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2021-08-22 13:25
ウェルネス・エンタテインメントのためのインタラクティブな錯覚体験システムに向けて
長嶋洋一静岡文化芸術大HCS2021-29
抄録 (和) 錯覚といえば錯視画像(静止画)や錯視動画(ループ)や錯聴サウンドファイルという形態が一般的であるが、再生専用メディアの形態としてパラメータが固定され「単に視聴するだけ」で面白くないという欠点がある。筆者は2020年2月に、人間が錯覚体験で感じる意外感が進化生物学的に説明される親近性/新奇性の演出に関係し、脳活性化(MCI予防/リハビリ)の点から「ウェルネス・エンタテインメント」に適したテーマとなりうる可能性を提起した。また筆者は2020年10月にインタラクティブ・マルチメディア・デザインの遠隔教育として、錯覚の度合いのパラメータを可変とする一種のゲーム制作演習について報告した。本報告では、この両者の考え方を踏襲し発展させた対面講義において、新たな錯覚研究の可能性や触覚/触感を含むマルチモーダル錯覚によるウェルネス・エンタテインメントの実現を目指した事例について報告する。 
(英) Illusions are usually in the form of illusion images (still images), illusion movies (looped images), and illusion sound files, but they have the disadvantage that the parameters are fixed and they are not interesting for experience. In February 2020, the author raised the possibility that humans experience through illusory experiences is related to the production of familiarity/novelty as explained by evolutionary biology, and may be a theme suitable for "wellness entertainment" in terms of brain activation (MCI prevention/rehabilitation). In October 2020, the author also reported on a kind of game production exercise with variable parameters of the degree of illusion as a distance education for interactive multimedia design. In this paper, I will report on a case study of an in-person lecture that follows and develops both of these ideas, aiming at the realization of wellness entertainment through multimodal illusions, including the possibility of new illusions research and the sense of touch and haptics.
キーワード (和) 錯覚体験 / エンタテインメントコンピューティング / メディアアート / マルチモーダル錯覚 / / / /  
(英) Illusion Experience / Entertainment Computing / Media Art / Multimodal Illusion / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 121, no. 143, HCS2021-29, pp. 67-71, 2021年8月.
資料番号 HCS2021-29 
発行日 2021-08-14 (HCS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード HCS2021-29

研究会情報
研究会 HCS  
開催期間 2021-08-21 - 2021-08-22 
開催地(和) オンライン開催 
開催地(英) Online 
テーマ(和) CSCWの理論・実践に関する研究および一般 
テーマ(英) Theory and practice about CSCW 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 HCS 
会議コード 2021-08-HCS 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) ウェルネス・エンタテインメントのためのインタラクティブな錯覚体験システムに向けて 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Towards an Interactive Illusion Experience System for Wellness Entertainment 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 錯覚体験 / Illusion Experience  
キーワード(2)(和/英) エンタテインメントコンピューティング / Entertainment Computing  
キーワード(3)(和/英) メディアアート / Media Art  
キーワード(4)(和/英) マルチモーダル錯覚 / Multimodal Illusion  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 長嶋 洋一 / Yoichi Nagashima / ナガシマ ヨウイチ
第1著者 所属(和/英) 静岡文化芸術大学 (略称: 静岡文化芸術大)
Shizuoka University of Art and Culture (略称: SUAC)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第2著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2021-08-22 13:25:00 
発表時間 25 
申込先研究会 HCS 
資料番号 IEICE-HCS2021-29 
巻番号(vol) IEICE-121 
号番号(no) no.143 
ページ範囲 pp.67-71 
ページ数 IEICE-5 
発行日 IEICE-HCS-2021-08-14 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会