お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2021年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2021-08-22 14:35
VRは人々の心をオープンにするか? ~ オンラインコミュニケーションメディアと自己開示への影響 ~
市野順子井出将弘東京都市大)・横山ひとみ岡山理科大)・淺野裕俊工学院大)・宮地英生岡部大介東京都市大HCS2021-31
抄録 (和) サイバー空間で人々は現実空間よりもオープンで率直な対人行動をとることがわかっているが,ヘッドマウントディスプレイを用いた没入型の3次元のバーチャル空間において身体をもつアバタを介したコミュニケーションが,自己開示をどのように促すのかは十分に検討されていない.本研究では,54ペア(108名)の参加者を対象とした実験を行い,3つのコミュニケーションメディア(ユーザとの外見的類似性に関して表現の異なる2つの身体的アバタ,ビデオ映像)を用いて対話してもらった.その結果,ユーザとの外見的類似性に関わらず,身体的アバタはビデオ映像よりも,言語的・パラ言語的自己開示および自己開示の互恵性を促すことがわかった. 
(英) It is known that people behave more openly in cyberspace than in real space, but how communication via embodied avatars in immersive three-dimensional virtual space using head-mounted displays promotes self-disclosure has not been sufficiently investigated. In this study, we conducted an experiment with 54 pairs of participants (108 people) who dialogued using three communication media (two embodied avatars differing in their expressions of appearance similarity to the user, and a video chat). The results showed that embodied avatars promoted verbal and paralinguistic self-disclosure and reciprocity of self-disclosure more than video chat, regardless of appearance similarity to the user.
キーワード (和) 自己開示 / バーチャルリアリティ / 身体的アバタ / ビデオチャット / / / /  
(英) self-disclosure / virtual reality / embodied avatar / video chat / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 121, no. 143, HCS2021-31, pp. 78-83, 2021年8月.
資料番号 HCS2021-31 
発行日 2021-08-14 (HCS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード HCS2021-31

研究会情報
研究会 HCS  
開催期間 2021-08-21 - 2021-08-22 
開催地(和) オンライン開催 
開催地(英) Online 
テーマ(和) CSCWの理論・実践に関する研究および一般 
テーマ(英) Theory and practice about CSCW 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 HCS 
会議コード 2021-08-HCS 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) VRは人々の心をオープンにするか? 
サブタイトル(和) オンラインコミュニケーションメディアと自己開示への影響 
タイトル(英) Will VR open up people' s minds? 
サブタイトル(英) Effects of online communication media on self-disclosure 
キーワード(1)(和/英) 自己開示 / self-disclosure  
キーワード(2)(和/英) バーチャルリアリティ / virtual reality  
キーワード(3)(和/英) 身体的アバタ / embodied avatar  
キーワード(4)(和/英) ビデオチャット / video chat  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 市野 順子 / Junko Ichino / イチノ ジュンコ
第1著者 所属(和/英) 東京都市大学 (略称: 東京都市大)
Tokyo City University (略称: Tokyo City Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 井出 将弘 / Masahiro Ide / イデ マサヒロ
第2著者 所属(和/英) 東京都市大学 (略称: 東京都市大)
Tokyo City University (略称: Tokyo City Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 横山 ひとみ / Hitomi Yokoyama / ヨコヤマ ヒトミ
第3著者 所属(和/英) 岡山理科大学 (略称: 岡山理科大)
Okayama University of Science (略称: Okayama Univ. of Science)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 淺野 裕俊 / Hirotoshi Asano / アサノ ヒロトシ
第4著者 所属(和/英) 工学院大学 (略称: 工学院大)
Kogakuin University (略称: Kogakuin Univ.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 宮地 英生 / Hideo Miyachi / ミヤチ ヒデオ
第5著者 所属(和/英) 東京都市大学 (略称: 東京都市大)
Tokyo City University (略称: Tokyo City Univ.)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) 岡部 大介 / Daisuke Okabe / オカベ ダイスケ
第6著者 所属(和/英) 東京都市大学 (略称: 東京都市大)
Tokyo City University (略称: Tokyo City Univ.)
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2021-08-22 14:35:00 
発表時間 25 
申込先研究会 HCS 
資料番号 IEICE-HCS2021-31 
巻番号(vol) IEICE-121 
号番号(no) no.143 
ページ範囲 pp.78-83 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-HCS-2021-08-14 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会