お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2021-08-20 16:25
空間関数表現に基づくバイノーラル収音再生法の実現モデルの違いが音空間再現精度に与える影響
武元 航坂本修一東北大EA2021-26
抄録 (和) 本研究では,球状マイクロホンアレイと頭部伝達関数を用いたバイノーラル信号収音再生法の高精度化に向け,バイノーラル信号収音再生法の実現モデルの違いが音空間再現精度に与える影響を検討した.特に,球面調和スペクトル表現に加え,空間関数表現に基づくHRTF モデル化法とマイクロホンアレイ収音信号モデル化法の実装法にも着目し,比較を行った.その結果,空間関数表現に基づくバイノーラル信号収音再生法では,両モデル化法の違いが音空間再現精度に影響を与えないことがわかった.一方で,空間関数表現と球面調和スペクトル表現の違いは音空間再現精度に大きく影響を与えていることが明らかとなった. 
(英) In this paper, we investigated the effect of the realization method on the accuracy of sound space synthesized by the binaural technologies using spherical microphone arrays and head-related transfer functions. In the analysis, the binaural technologies were implemented not only based on the spherical harmonic spectrum but also based on the spatial functions. The result of the computer simulation revealed that there is no difference in the accuracy of the sound space synthesized by the implemented methods based on spatial functions. On the other hand, the difference of the domain in which the technology was implemented affects the accuracy of synthesized sound space.
キーワード (和) 空間音響 / バイノーラル技術 / 頭部伝達関数 / マイクロホンアレイ / / / /  
(英) 3D audio technology / binaural technology / head-related transfer functions / microphone arrays / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 121, no. 140, EA2021-26, pp. 33-38, 2021年8月.
資料番号 EA2021-26 
発行日 2021-08-13 (EA) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード EA2021-26

研究会情報
研究会 EA ASJ-H  
開催期間 2021-08-20 - 2021-08-20 
開催地(和) オンライン開催 
開催地(英) Online 
テーマ(和) 応用/電気音響,聴覚,一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 EA 
会議コード 2021-08-EA-H 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 空間関数表現に基づくバイノーラル収音再生法の実現モデルの違いが音空間再現精度に与える影響 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) The effect of realization model on the spatial accuracy of binaural synthesis based on spatial function 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 空間音響 / 3D audio technology  
キーワード(2)(和/英) バイノーラル技術 / binaural technology  
キーワード(3)(和/英) 頭部伝達関数 / head-related transfer functions  
キーワード(4)(和/英) マイクロホンアレイ / microphone arrays  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 武元 航 / Wataru Takemoto / タケモト ワタル
第1著者 所属(和/英) 東北大学 (略称: 東北大)
Tohoku University (略称: Tohoku Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 坂本 修一 / Shuichi Sakamoto / サカモト シュウイチ
第2著者 所属(和/英) 東北大学 (略称: 東北大)
Tohoku University (略称: Tohoku Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2021-08-20 16:25:00 
発表時間 25 
申込先研究会 EA 
資料番号 IEICE-EA2021-26 
巻番号(vol) IEICE-121 
号番号(no) no.140 
ページ範囲 pp.33-38 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-EA-2021-08-13 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会