お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2021-08-04 09:55
クラウドゲーミングシステムの低遅延化に向けた投機的映像伝送手法
石岡卓将阪大)・椎名亮太福井達也小野央也藤原稔久谷口友宏NTT)・藤橋卓也猿渡俊介渡辺 尚阪大CQ2021-26
抄録 (和) ネットワークの高度化に伴って,クラウドゲーミングと呼ばれる,サーバ上で実行しているゲームをネットワークを通じて遠隔からプレイすることを可能とするサービスへの注目が高まっている.
クラウドゲーミングシステムを利用することで,ユーザは限られた処理能力を持つ端末で高性能な処理能力を必要とするゲームをプレイすることができる.
しかしながら,クラウドゲーミングシステムを通じてゲームをプレイする場合,応答遅延がその体感品質に影響を及ぼす.
クラウドゲーミングシステム上であたかもローカルでゲームをしているかのような体験をユーザにもたらすためには,処理遅延や伝送遅延,伝搬遅延を含めた応答遅延を極限にまで低減する必要がある.
本稿では,クラウドゲーミングシステムにおける応答遅延の低減に向けた投機的映像伝送手法を提案するとともに,その基礎評価を実施する.
提案手法では,クラウドゲーミングサーバ側でユーザによる次の入力を推定して,対応するゲーム映像を事前に符号化する投機的な映像処理を行う.
ユーザ側から実際に届いた入力と対になるゲーム映像を即時送出することで,通信帯域をひっ迫することなく,応答遅延を低減することを目指す.
また,提案手法による応答遅延の削減量を評価するために,実際のゲーム映像に対するエンコード遅延を実験的に評価した. 
(英) As networks become more sophisticated, there is growing interest in cloud gaming, a service that allows users to play games running on a server remotely over a network.
By using cloud gaming systems, users can play games that require high performance processing power on terminals with limited processing power.
However, when playing games through a cloud gaming system, the response delay affects the quality of the experience.
In order to provide users with an experience as if they were playing a local game on a cloud gaming system, it is necessary to reduce the response delay, including processing delay, transmission delay, and propagation delay, to the utmost limit.
In this paper, we propose a speculative video transmission method for reducing the response delay in a cloud gaming system, and conduct a basic evaluation of the method.
In this paper, we propose a speculative video transmission method to reduce the response delay in a cloud gaming system, and conduct a basic evaluation of the proposed method. In the proposed method, the cloud gaming server estimates the next input from the user and encodes the corresponding game video in advance.
In this paper, we propose a speculative video processing method that estimates the next input from the user and encodes the corresponding game video in advance. The proposed method aims to reduce the response delay without straining the communication bandwidth by immediately sending the game video that corresponds to the actual input from the user.
In order to evaluate the reduction of the response delay by the proposed method, we experimentally evaluated the encoding delay for the actual game video.
キーワード (和) クラウドゲーム / 投機的映像伝送 / インタラクティブ映像伝送 / / / / /  
(英) cloud gaming / speculative video transmission / interactive video transmission / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 121, no. 133, CQ2021-26, pp. 26-31, 2021年8月.
資料番号 CQ2021-26 
発行日 2021-07-26 (CQ) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード CQ2021-26

研究会情報
研究会 CQ  
開催期間 2021-08-02 - 2021-08-04 
開催地(和) オンライン開催 
開催地(英) Online 
テーマ(和) QoEとQoSの評価・計測・制御,ネットワーク制御・管理,IoT,一般 
テーマ(英) QoE and QoS Evaluation/Measurement/Control, Network Contorol/Management, IoT, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 CQ 
会議コード 2021-08-CQ 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) クラウドゲーミングシステムの低遅延化に向けた投機的映像伝送手法 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) A Speculative Video Transmission Method for Low Latency of Cloud Gaming Systems 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) クラウドゲーム / cloud gaming  
キーワード(2)(和/英) 投機的映像伝送 / speculative video transmission  
キーワード(3)(和/英) インタラクティブ映像伝送 / interactive video transmission  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 石岡 卓将 / Takumasa Ishioka / イシオカ タクマサ
第1著者 所属(和/英) 大阪大学 (略称: 阪大)
Osaka University (略称: Osaka Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 椎名 亮太 / Ryota Shiina / シイナ リョウタ
第2著者 所属(和/英) 日本電信電話株式会社 (略称: NTT)
NTT Corporation (略称: NTT)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 福井 達也 / Tatsuya Fukui / フクイ タツヤ
第3著者 所属(和/英) 日本電信電話株式会社 (略称: NTT)
NTT Corporation (略称: NTT)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 小野 央也 / Hiroya Ono / オノ ヒロヤ
第4著者 所属(和/英) 日本電信電話株式会社 (略称: NTT)
NTT Corporation (略称: NTT)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 藤原 稔久 / Toshihisa Fujiwara / フジワラ トシヒサ
第5著者 所属(和/英) 日本電信電話株式会社 (略称: NTT)
NTT Corporation (略称: NTT)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) 谷口 友宏 / Tomohiro Taniguchi / タニグチ トモヒロ
第6著者 所属(和/英) 日本電信電話株式会社 (略称: NTT)
NTT Corporation (略称: NTT)
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) 藤橋 卓也 / Takuya Fujihashi / フジハシ タクヤ
第7著者 所属(和/英) 大阪大学 (略称: 阪大)
Osaka University (略称: Osaka Univ.)
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) 猿渡 俊介 / Shunsuke Saruwatari / サルワタリ シュンスケ
第8著者 所属(和/英) 大阪大学 (略称: 阪大)
Osaka University (略称: Osaka Univ.)
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) 渡辺 尚 / Takashi Watanabe / ワタナベ タカシ
第9著者 所属(和/英) 大阪大学 (略称: 阪大)
Osaka University (略称: Osaka Univ.)
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2021-08-04 09:55:00 
発表時間 25 
申込先研究会 CQ 
資料番号 IEICE-CQ2021-26 
巻番号(vol) IEICE-121 
号番号(no) no.133 
ページ範囲 pp.26-31 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-CQ-2021-07-26 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会