お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2021-07-30 10:30
[ポスター講演]イベントカメラを用いたLED可視光通信における信号復調手法の一検討
大平祐生圓道知博長岡技科大)・山里敬也名大)・荒井伸太郎岡山理科大WBS2021-25 MICT2021-18
抄録 (和) 本研究では送信機にLED,受信機にイベントカメラを用いた可視光通信システムに注目している.
イベントカメラは輝度がある一定以上変化した時,その変化を検出する特徴を持ったカメラである.
従来のイメージセンサを受信機として利用した場合,撮影画像上でブレが発生したり,環境光の影響で画素値が飽和してしまう等の問題があり,そのような状況では撮影画像からLEDの点滅状態を識別することが困難となり,正確な信号復調が行えなくなる.
一方で輝度の変化を捉えるイベントカメラの場合,輝度の変化をそれぞれのピクセルが非同期で検出する特性上,ブレが発生しない.また広いダイナミックレンジを持つため,光が飽和し輝度変化が検出できないという問題は発生し難い.
そのような利点から,本研究ではLEDの点滅によってデータを送信し,その点滅をイベントカメラで検知することで信号復調を行う可視光通信システムの提案及びその有効性を確認する. 
(英) In this study, we are focusing on the Visible Light Communication system using LED as a transmitter and an event camera as a receiver.
The event camera is a camera that has the feature of detecting the change in luminance when it changes beyond a threshold level.
When a conventional image sensor is used as a receiver, there are problems such as blurring and saturation of pixel values due to the influence of ambient light. Under such circumstances, it becomes difficult to identify the blinking state of the LED, and accurate signal demodulation cannot be performed.
In the case of an event camera, blurring does not occur due to the characteristic that each pixel detects changes in luminance asynchronously. In addition, because of its wide dynamic range, light saturation is rarely occurred because the camera has a wide dynamic range.
Based on the above advantages, we propose a visible light communication system that transmits data by blinking LEDs and demodulates the signal by detecting the blinking with an event camera.
キーワード (和) 可視光通信 / LED / イベントカメラ / V2X / ITS / / /  
(英) VLC / LED / Event Camera / V2X / ITS / / /  
文献情報 信学技報, vol. 121, no. 129, WBS2021-25, pp. 19-23, 2021年7月.
資料番号 WBS2021-25 
発行日 2021-07-23 (WBS, MICT) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード WBS2021-25 MICT2021-18

研究会情報
研究会 WBS MICT  
開催期間 2021-07-30 - 2021-07-30 
開催地(和) オンライン開催 
開催地(英) Online 
テーマ(和) ワイドバンドシステム, ヘルスケア・医療情報通信技術, 一般,ポスターセッション 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 WBS 
会議コード 2021-07-WBS-MICT 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) イベントカメラを用いたLED可視光通信における信号復調手法の一検討 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) A Study on Signal Demodulation Method for LED Visible Light Communication Using Event Based Camera 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 可視光通信 / VLC  
キーワード(2)(和/英) LED / LED  
キーワード(3)(和/英) イベントカメラ / Event Camera  
キーワード(4)(和/英) V2X / V2X  
キーワード(5)(和/英) ITS / ITS  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 大平 祐生 / Yuki Ohira / オオヒラ ユウキ
第1著者 所属(和/英) 長岡技術科学大学 (略称: 長岡技科大)
Nagaoka University of Technology (略称: Nagaoka Univ. of Tech.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 圓道 知博 / Tomohiro Yendo / エンドウ トモヒロ
第2著者 所属(和/英) 長岡技術科学大学 (略称: 長岡技科大)
Nagaoka University of Technology (略称: Nagaoka Univ. of Tech.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 山里 敬也 / Takaya Yamazato / ヤマザト タカヤ
第3著者 所属(和/英) 名古屋大学 (略称: 名大)
Nagoya University (略称: Nagoya Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 荒井 伸太郎 / Shintaro Arai / アライ シンタロウ
第4著者 所属(和/英) 岡山理科大学 (略称: 岡山理科大)
Okayama University of Science (略称: Okayama Univ. of Sci.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2021-07-30 10:30:00 
発表時間 90 
申込先研究会 WBS 
資料番号 IEICE-WBS2021-25,IEICE-MICT2021-18 
巻番号(vol) IEICE-121 
号番号(no) no.129(WBS), no.130(MICT) 
ページ範囲 pp.19-23 
ページ数 IEICE-5 
発行日 IEICE-WBS-2021-07-23,IEICE-MICT-2021-07-23 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会