お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2021-07-19 11:20
SVMを用いた制御システムに対する偽装命令攻撃の検知
原田雄基布田裕一東京工科大)・岡崎裕之信州大ISEC2021-15 SITE2021-9 BioX2021-16 HWS2021-15 ICSS2021-20 EMM2021-20
抄録 (和) 工場などで利用される制御システムは,従来はクローズドな環境で運用されてきた.そのため,セキュリティ上の脅威に対してあまり考慮されていなかった.しかし,近年では汎用製品,TCP/IP通信プロトコルなどが導入されてきており,それらの技術に対する攻撃が制御システムにおいても発生するリスクが高まっている.また,工場の機能に影響を与えないセキュリティ対策として攻撃検知技術が必要となってきている.工場ネットワークに対する攻撃には,制御システム特有の攻撃として制御ネットワークおける偽装命令による攻撃がある.さらに,ITネットワークでも起こる攻撃としてマルウェアに感染することでbotとする攻撃や不正なファイルの操作が行われる攻撃などがある.複数の種類の攻撃が想定されるため,1つの方法での検知は難しいと考えられる.本研究では,制御系通信で行われる攻撃である偽装命令に対して,One Class SVMの効果を高めるために複数のフィルタを用いた検知を行う. 
(英) Recently, industrial control systems (ICS) are introduced TCP/IP protocol and connect internet via office network. Security threats to ICS are increasing. Malicious attacks against ICS have many types. It is difficult to detect multiple attacks using a detection method for single attacks. Therefore, it is necessary to combine multiple detection methods. In this paper, we focus a fake command in control network that is one of the malicious attack against factory network. We use attack detection methods using One Class SVM. We introduce TCP port replacements and multiple filters to improve the effect of One Class SVM.
キーワード (和) 制御システム / 攻撃検知 / One Class SVM / / / / /  
(英) ICS / attack detection / One Class SVM / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 121, no. 118, ISEC2021-15, pp. 35-40, 2021年7月.
資料番号 ISEC2021-15 
発行日 2021-07-12 (ISEC, SITE, BioX, HWS, ICSS, EMM) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード ISEC2021-15 SITE2021-9 BioX2021-16 HWS2021-15 ICSS2021-20 EMM2021-20

研究会情報
研究会 BioX ISEC SITE ICSS EMM HWS IPSJ-CSEC IPSJ-SPT 
開催期間 2021-07-19 - 2021-07-20 
開催地(和) オンライン開催 
開催地(英) online 
テーマ(和) セキュリティ、一般 (セキュリティサマーサミット2021) 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 ISEC 
会議コード 2021-07-BioX-ISEC-SITE-ICSS-EMM-HWS 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) SVMを用いた制御システムに対する偽装命令攻撃の検知 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Fake Command Attack Detection of industrial Control System with SVM 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 制御システム / ICS  
キーワード(2)(和/英) 攻撃検知 / attack detection  
キーワード(3)(和/英) One Class SVM / One Class SVM  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 原田 雄基 / Yuki Harada / ハラダ ユウキ
第1著者 所属(和/英) 東京工科大学大学院 (略称: 東京工科大)
Tokyo University of Technology Graduate School (略称: TUT)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 布田 裕一 / Yuichi Futa / フタ ユウイチ
第2著者 所属(和/英) 東京工科大学 (略称: 東京工科大)
Tokyo University of Technology (略称: TUT)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 岡崎 裕之 / Hiroyuki Okazaki / オカザキ ヒロユキ
第3著者 所属(和/英) 信州大学 (略称: 信州大)
Shinshu University (略称: Shinshu Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2021-07-19 11:20:00 
発表時間 25 
申込先研究会 ISEC 
資料番号 IEICE-ISEC2021-15,IEICE-SITE2021-9,IEICE-BioX2021-16,IEICE-HWS2021-15,IEICE-ICSS2021-20,IEICE-EMM2021-20 
巻番号(vol) IEICE-121 
号番号(no) no.118(ISEC), no.119(SITE), no.120(BioX), no.121(HWS), no.122(ICSS), no.123(EMM) 
ページ範囲 pp.35-40 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-ISEC-2021-07-12,IEICE-SITE-2021-07-12,IEICE-BioX-2021-07-12,IEICE-HWS-2021-07-12,IEICE-ICSS-2021-07-12,IEICE-EMM-2021-07-12 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会