お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2021年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2021-07-16 09:00
定間隔無線給電情報通信ネットワークにおけるエナジーキューイングモデルを用いたスループット解析
岩城敦大眞田耕輔羽多野裕之森 香津夫三重大NS2021-51
抄録 (和) 無線給電情報通信ネットワーク(WPCN)では通信基地局(AP)が複数の端末に対し無線で給電を行い, 端末はAPから給電された電力を用いて情報送信を行う. そのため, 無線給電によって有線での給電やバッテリーの交換の必要がないネットワークの実現が期待されている. WPCNにおける通信性能の向上において, ネットワークの給電頻度と情報送信頻度に対するスループット特性を明らかにする必要がある.
本稿ではAPが一定の時間間隔で給電を行うWPCNにおいて, エナジーキューイングモデルを用いたスループット解析手法を提案する. 端末のバッテリー残量の変遷を表すエナジーキューイングモデルを給電時と情報送信時のそれぞれの場合で考え, APが一定の時間間隔で給電を行うWPCNの性能解析に適用する. 提案解析手法により, ネットワークにおける任意の給電頻度と情報送信頻度におけるスループット特性を得ることができる. 
(英) In the Wireless Powered Communication Networks (WPCNs), An Access Point (AP) supplies power to multiple stations (STAs) through the wireless power transfer technique, and the STAs communicate with the AP utilizing the supplied power. This network is expected to contribute to achieve longer lifetime IoT networks.
Therefore, for improving the network throughput in WPCNs it is necessary to clarify the relationship between power supplying rate at the AP and power consuming rate at STAs due to their data transmission.
This paper proposes throughput analysis for WPCNs with constant supplying intervals. For deriving the theoretical throughput, this paper applies the energy queuing model, which is an effective mathematical model to represent the transition of residual power in the battery at STAs. To consider the transition of the residual power for WPCNs with constant supplying intervals, two energy queueing models are used. The validity of the proposed method is confirmed through the comparison between analytical results and simulation ones. In addition, we discuss the dynamics in WPCNs with constant supplying intervals through the proposed analytical model.
キーワード (和) 無線給電情情報通信ネットワーク(WPCN) / 無線電力伝送 / 待ち行列理論 / エナジーキューイングモデル / / / /  
(英) Wireless powered communication networks(WPCNs) / Wireless Energy Transfer / Queueing theory / Energy queueing model / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 121, no. 102, NS2021-51, pp. 94-99, 2021年7月.
資料番号 NS2021-51 
発行日 2021-07-07 (NS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード NS2021-51

研究会情報
研究会 RCS SR NS SeMI RCC  
開催期間 2021-07-14 - 2021-07-16 
開催地(和) オンライン開催 
開催地(英) Online 
テーマ(和) 機械学習とAIを応用した通信・ネットワーク技術,M2M (Machine-to-Machine),D2D (Device-to-Device),IoT(Internet of Things),一般 
テーマ(英) Communication and Network Technology of the AI Age, M2M (Machine-to-Machine),D2D (Device-to-Device),IoT(Internet of Things), etc 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 NS 
会議コード 2021-07-RCS-SR-NS-SeMI-RCC 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 定間隔無線給電情報通信ネットワークにおけるエナジーキューイングモデルを用いたスループット解析 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Throughput Analysis based on Energy Queueing Model for Wireless Powered Communication Networks with Constant Supplying Intervals 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 無線給電情情報通信ネットワーク(WPCN) / Wireless powered communication networks(WPCNs)  
キーワード(2)(和/英) 無線電力伝送 / Wireless Energy Transfer  
キーワード(3)(和/英) 待ち行列理論 / Queueing theory  
キーワード(4)(和/英) エナジーキューイングモデル / Energy queueing model  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 岩城 敦大 / Atsuhiro Iwaki / イワキ アツヒロ
第1著者 所属(和/英) 三重大学 (略称: 三重大)
Mie University (略称: Mie Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 眞田 耕輔 / Kosuke Sanada / サナダ コウスケ
第2著者 所属(和/英) 三重大学 (略称: 三重大)
Mie University (略称: Mie Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 羽多野 裕之 / Hiroyuki Hatano / ハタノ ヒロユキ
第3著者 所属(和/英) 三重大学 (略称: 三重大)
Mie University (略称: Mie Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 森 香津夫 / Kazuo Mori / モリ カズオ
第4著者 所属(和/英) 三重大学 (略称: 三重大)
Mie University (略称: Mie Univ.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2021-07-16 09:00:00 
発表時間 25 
申込先研究会 NS 
資料番号 IEICE-NS2021-51 
巻番号(vol) IEICE-121 
号番号(no) no.102 
ページ範囲 pp.94-99 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-NS-2021-07-07 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会