お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2022年6月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2021-07-15 10:20
能動正弦波騒音制御に適用されるFiltered-x LMS法の周波数変換法への置き換えの効果
藤井健作コダウェイ研)・棟安実治関西大)・苣木禎史千葉工大EA2021-3
抄録 (和) 本稿では,能動正弦波騒音制御に適用されるFiltered-x LMS (Least Mean Square)法の周波数変換法への置き換え効果を検証する.学習同定法の1次巡回型フィルタ表現によれば,Filtered-x LMS法は低域通過フィルタに置き換えて動作を解析することができる.周波数変換法は,その低域通過フィルタに誤差マイクロホンの出力に対して参照正弦波と余弦波の積を印加し,得られた出力を利用してスピーカから送出する正弦波の振幅を調整する係数の算定に利用する.本稿では,この周波数変換法の利点を明らかにし,その有効性をシミュレーションで検証する. 
(英) In this paper, we verify the substitution effect of frequency conversion method for filtered-x LMS algorithm applied to active sinusoidal noise control. According to the first order filter expression of NLMS (Normalized Least Mean Square) algorithm, the filtered-x LMS (Least Mean Square) algorithm can be substituted by a kind of low pass filters. The frequency conversion method adjust the amplitudes of sine and cosine waves radiated from a loudspeaker, by using the outputs of the low pass filters to which the products of the error microphone output and the reference sine and cosine waves are applied. In this paper, we show the advantages of the frequency conversion method and then demonstrate using computer simulation that the frequency conversion method successfully works.
キーワード (和) 正弦波騒音 / 低域通過フィルタ / 1次巡回型 / 周波数変換 / 連立方程式 / / /  
(英) sinusoidal noise / low pass filter / first order recursive type / frequency conversion / simultaneous equations / / /  
文献情報 信学技報, vol. 121, no. 112, EA2021-3, pp. 10-17, 2021年7月.
資料番号 EA2021-3 
発行日 2021-07-08 (EA) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード EA2021-3

研究会情報
研究会 EA ASJ-H  
開催期間 2021-07-15 - 2021-07-16 
開催地(和) オンライン開催 
開催地(英) Online 
テーマ(和) 応用/電気音響,聴覚,音声,音楽音響,音響教育,一般 
テーマ(英) Engineering/Electro Acoustics, Psychological and Physiological Acoustics, Speech, Musical Acoustics, Education in Acoustics, and Related Topics 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 EA 
会議コード 2021-07-EA-H 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 能動正弦波騒音制御に適用されるFiltered-x LMS法の周波数変換法への置き換えの効果 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Substitution effect of frequency conversion method for filtered-x LMS algorithm applied to active sinusoidal noise control 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 正弦波騒音 / sinusoidal noise  
キーワード(2)(和/英) 低域通過フィルタ / low pass filter  
キーワード(3)(和/英) 1次巡回型 / first order recursive type  
キーワード(4)(和/英) 周波数変換 / frequency conversion  
キーワード(5)(和/英) 連立方程式 / simultaneous equations  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 藤井 健作 / Kensaku Fujii / フジイ ケンサク
第1著者 所属(和/英) コダウェイ研究所 (略称: コダウェイ研)
Kodaway Laboratory (略称: Kodaway Lab.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 棟安 実治 / Mitsuji Muneyasu / ムネヤス ミツジ
第2著者 所属(和/英) 関西大学 (略称: 関西大)
Kansai University (略称: Kansai Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 苣木 禎史 / Yoshifumi Chisaki / チサキ ヨシフミ
第3著者 所属(和/英) 千葉工業大学 (略称: 千葉工大)
Chiba Institute of Technology (略称: CIT)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2021-07-15 10:20:00 
発表時間 25 
申込先研究会 EA 
資料番号 IEICE-EA2021-3 
巻番号(vol) IEICE-121 
号番号(no) no.112 
ページ範囲 pp.10-17 
ページ数 IEICE-8 
発行日 IEICE-EA-2021-07-08 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会