お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2021-07-14 13:50
360度カメラを利用した歩行者レーダーマップシステム
村山知輝金井謙治竹内 健孫 鶴鳴甲藤二郎早大SeMI2021-18
抄録 (和) 近年,ICT技術を活用した都市モニタリングの需要が高まっている.その中でもバリアフリーやCOVID-19の感染拡大に伴い,歩行空間ネットワークデータの重要性が高まっている.そこで本稿では,歩行空間ネットワークデータの自動構築に向けて,道路や歩道上の歩行者密度を可視化する歩行者レーダーマップシステムを提案する.本システムでは,自転車を用いて360度の画像を収集し,歩行者の位置をレーダーマップとして可視化し,地図上に人密度としてマッピングすることを可能とする.プロトタイプ実装を行い,フィールド実験により,提案システムの推定精度を評価する. 
(英) In recent years, the demand for urban monitoring using ICT technology has increased. Especially, for achieving a full barrier-free city and with the spread of COVID-19 infection, it is mandatory to construct “Pedestrian space network data”. In this paper, toward constructing the pedestrian space network data easily and automatically, we propose a pedestrian radar mapping system for estimating the density of pedestrians on streets and sidewalks. The proposed system collects 360-degree images using e-bikes and can visualize pedestrians’ positions and pedestrians’ density as a radar map and on a geographic map. We develop a prototype system and validate the system performance by carrying out a field experiment.
キーワード (和) 360度映像 / 人物検出 / 人密度推定 / プロトタイプシステム / / / /  
(英) 360-degree video / Human detection / Pedestrian density estimation / Prototype system / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 121, no. 105, SeMI2021-18, pp. 29-34, 2021年7月.
資料番号 SeMI2021-18 
発行日 2021-07-07 (SeMI) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード SeMI2021-18

研究会情報
研究会 RCS SR NS SeMI RCC  
開催期間 2021-07-14 - 2021-07-16 
開催地(和) オンライン開催 
開催地(英) Online 
テーマ(和) 機械学習とAIを応用した通信・ネットワーク技術,M2M (Machine-to-Machine),D2D (Device-to-Device),IoT(Internet of Things),一般 
テーマ(英) Communication and Network Technology of the AI Age, M2M (Machine-to-Machine),D2D (Device-to-Device),IoT(Internet of Things), etc 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 SeMI 
会議コード 2021-07-RCS-SR-NS-SeMI-RCC 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 360度カメラを利用した歩行者レーダーマップシステム 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Pedestrian Radar Map System using 360-degree camera 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 360度映像 / 360-degree video  
キーワード(2)(和/英) 人物検出 / Human detection  
キーワード(3)(和/英) 人密度推定 / Pedestrian density estimation  
キーワード(4)(和/英) プロトタイプシステム / Prototype system  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 村山 知輝 / Kazuki Murayama / ムラヤマ カズキ
第1著者 所属(和/英) 早稲田大学 (略称: 早大)
Waseda University (略称: Waseda Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 金井 謙治 / Kenji Kanai / カナイ ケンジ
第2著者 所属(和/英) 早稲田大学 (略称: 早大)
Waseda University (略称: Waseda Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 竹内 健 / Masaru Takeuchi / タケウチ マサル
第3著者 所属(和/英) 早稲田大学 (略称: 早大)
Waseda University (略称: Waseda Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 孫 鶴鳴 / Heming Sun / Heming Sun
第4著者 所属(和/英) 早稲田大学 (略称: 早大)
Waseda University (略称: Waseda Univ.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 甲藤 二郎 / Jiro Katto / カットウ ジロウ
第5著者 所属(和/英) 早稲田大学 (略称: 早大)
Waseda University (略称: Waseda Univ.)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2021-07-14 13:50:00 
発表時間 25 
申込先研究会 SeMI 
資料番号 IEICE-SeMI2021-18 
巻番号(vol) IEICE-121 
号番号(no) no.105 
ページ範囲 pp.29-34 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-SeMI-2021-07-07 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会