お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2021-07-06 10:00
リーク電流を利用したPUFの回路構造の提案とシミュレーション評価
笈川智秋宇佐美公良芝浦工大CAS2021-9 VLD2021-9 SIP2021-19 MSS2021-9
抄録 (和) LSIの個体識別技術の一つに、半導体の物理的特徴を利用したPUF(Physically Unclonable Function)がある。この技術により、正規品の認証が可能となり、模造品の流通を防ぐことが期待されている。しかし近年、機械学習の発展により、認証を回避される可能性が指摘されている。本研究では、機械学習耐性の向上を目的として、サブスレッショルドリーク電流を利用したPUF(LR-PUF:Leak Racing PUF)を提案する。また、LR-PUFを回路として実装し、シミュレーション評価を行う。 
(英) One of the LSI individual identification technologies is PUF (Physically Unclonable Function), which utilizes the physical characteristics of semiconductors. This technology is expected to make it possible to authenticate genuine products and prevent the distribution of counterfeit products. However, in recent years, the possibility of authentication evasion has been pointed out due to the development of machine learning. In this study, we propose a PUF (LR-PUF: Leak Racing PUF) that uses sub-threshold leakage current to improve the resistance to machine learning. We also implement the LR-PUF as a circuit and perform simulation evaluation.
キーワード (和) PUF / セキュリティ / リーク電流 / 製造ばらつき / / / /  
(英) PUF / Security / Leakage Current / Manufacturing Variation / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 121, no. 90, VLD2021-9, pp. 42-47, 2021年7月.
資料番号 VLD2021-9 
発行日 2021-06-28 (CAS, VLD, SIP, MSS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード CAS2021-9 VLD2021-9 SIP2021-19 MSS2021-9

研究会情報
研究会 SIP CAS VLD MSS  
開催期間 2021-07-05 - 2021-07-06 
開催地(和) オンライン開催 
開催地(英) Online 
テーマ(和) システムと信号処理および一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 VLD 
会議コード 2021-07-SIP-CAS-VLD-MSS 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) リーク電流を利用したPUFの回路構造の提案とシミュレーション評価 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Circuit Structure of PUF using Leakage Current and Simulation Evaluation 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) PUF / PUF  
キーワード(2)(和/英) セキュリティ / Security  
キーワード(3)(和/英) リーク電流 / Leakage Current  
キーワード(4)(和/英) 製造ばらつき / Manufacturing Variation  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 笈川 智秋 / Tomoaki Oikawa / オイカワ トモアキ
第1著者 所属(和/英) 芝浦工業大学 (略称: 芝浦工大)
Shibaura Institute of Technology (略称: Shibaura Inst. of Tech.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 宇佐美 公良 / Kimiyoshi Usami / ウサミ キミヨシ
第2著者 所属(和/英) 芝浦工業大学 (略称: 芝浦工大)
Shibaura Institute of Technology (略称: Shibaura Inst. of Tech.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2021-07-06 10:00:00 
発表時間 25 
申込先研究会 VLD 
資料番号 IEICE-CAS2021-9,IEICE-VLD2021-9,IEICE-SIP2021-19,IEICE-MSS2021-9 
巻番号(vol) IEICE-121 
号番号(no) no.89(CAS), no.90(VLD), no.91(SIP), no.92(MSS) 
ページ範囲 pp.42-47 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-CAS-2021-06-28,IEICE-VLD-2021-06-28,IEICE-SIP-2021-06-28,IEICE-MSS-2021-06-28 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会