お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2021-07-02 15:00
路面標示を用いた自転車走行方向識別の検討
王 偉間邊哲也埼玉大)・金 帝演鶴岡高専)・小嶋 文埼玉大ITS2021-3
抄録 (和) 本稿では,路面標示を用いて自転車走行方向を識別する手法を提案する.まず,路面標示の分類を行い,調査対象とした埼玉大学周辺の道路で数の多かった矢羽根型路面表示,自転車のピクトグラムと矢印,車注意のピクトグラムを採用する.次に,路面標示を用いた自転車走行方向識別手法として,物体検出アルゴリズムの一つであるYOLOv3を用いたものを提案する.さらに,実車走行映像を用いた走行方向識別率についての性能評価を行う.その結果,対象とした全物標において識別率が50%下回った.識別に失敗した原因として,彩度,欠損,白斑,逆光,影があることを明らかにしている.また,自転車の走行方向の識別の可能な物標として用いた路面標示(矢羽根,車注意のピクトグラム,自転車のピクトグラムと矢印)においては,自転車の走行に伴って撮影画像下端で発生する物標の欠損を考慮する必要があることを示している.以上のことから,路面標示を用いた自転車走行方向識別の実現に向けた知見を獲得している. 
(英) This paper proposes a method for identifying the bicycle traveling direction using road marking. First, we classify the road marking, and use three types of road marking (arrow feather type road marking, vehicle attention pictogram, and bicycle pictogram with arrow), which exist in many around Saitama University where is a survey area. Next, as a bicycle traveling direction identification method using road marking, we propose a scheme using the object detection algorithm “YOLOv3” and evaluate the bicycle traveling direction identification performance using bicycle driving images in real. The results show the identification performance is low because the saturation, omission, white spots, backlight, and shadow. Then, we add the training images for the dataset, and show the necessity of considering the omitting of the target road marking at the lower end of the image accompanied by bicycle driving. Consequently, the knowledge of bicycle traveling direction identification using road marking is obtained.
キーワード (和) 自転車 / 路面標示 / 走行方向識別 / / / / /  
(英) Bicycle / Road Marking / Traveling Direction Identification / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 121, no. 86, ITS2021-3, pp. 13-19, 2021年7月.
資料番号 ITS2021-3 
発行日 2021-06-25 (ITS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード ITS2021-3

研究会情報
研究会 ITS  
開催期間 2021-07-02 - 2021-07-02 
開催地(和) オンライン開催 
開催地(英) Online 
テーマ(和) ITS位置特定、一般 
テーマ(英) ITS Positioning, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 ITS 
会議コード 2021-07-ITS 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 路面標示を用いた自転車走行方向識別の検討 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) A Study of Bicycle Traveling Direction Identification Using Road Marking 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 自転車 / Bicycle  
キーワード(2)(和/英) 路面標示 / Road Marking  
キーワード(3)(和/英) 走行方向識別 / Traveling Direction Identification  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 王 偉 / Wang Wei / オウ イ
第1著者 所属(和/英) 埼玉大学 (略称: 埼玉大)
Saitama University (略称: Saitama Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 間邊 哲也 / Tetsuya Manabe / マナベ テツヤ
第2著者 所属(和/英) 埼玉大学 (略称: 埼玉大)
Saitama University (略称: Saitama Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 金 帝演 / Jeyeon Kim / キム ジェヨン
第3著者 所属(和/英) 鶴岡工業高等専門学校 (略称: 鶴岡高専)
National Institute of Technology, Tsuruoka College (略称: NITTC)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 小嶋 文 / Aya Kojima / コジマ アヤ
第4著者 所属(和/英) 埼玉大学 (略称: 埼玉大)
Saitama University (略称: Saitama Univ.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2021-07-02 15:00:00 
発表時間 25 
申込先研究会 ITS 
資料番号 IEICE-ITS2021-3 
巻番号(vol) IEICE-121 
号番号(no) no.86 
ページ範囲 pp.13-19 
ページ数 IEICE-7 
発行日 IEICE-ITS-2021-06-25 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会