お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2021年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2021-06-25 13:35
全二重セルフリーMIMOのためのテンソル信号処理を用いた送受信ビームフォーミング設計法
安藤研吾電通大)・飯盛寛貴JUB)・石橋功至電通大)・アブレウ ジュゼッペJUBRCS2021-72
抄録 (和) 本稿では,中央処理局および多数のアクセスポイントによって構成される全二重セルフリーMIMOシステムを想定し,異なったアンテナ数を持つ多様なユーザ群に対して,テンソル信号処理に基づいた効率的ビームフォーミング設計について議論する.具体的には,まず多線形一般化特異値分解アルゴリズムの自己干渉通信路行列を含めた通信路テンソルに対する拡張を示し,このアルゴリズムに基づく送受信ビームフォーミング,ならびに最小平均二乗誤差法に基づくビームフォーミングをそれぞれ提案する.計算機シミュレーションにより,提案手法が最大比合成ビームフォーミングと比較して,より優れた帯域利用効率を示すことを明らかにする. 
(英) In this paper, we investigate a transmit (TX) and receive (RX) beamforming (BF) design for full-duplex cell-free multiple input multiple output (FDCF-MIMO) systems composed of a set of access points (APs) and a central processing unit (CPU) serving multiple users, where users are assumed to be equipped with the different number of antennas. We propose a new multi-linear generalized singular value decomposition (ML-GSVD) algorithm, which is tailored for a channel tensor composed of not only the channel matrices between APs and users but also the channel matrix among APs. Moreover, we propose a new TX/RX BF design framework based on the proposed decomposition algorithm and minimum mean square error (MMSE) based BF design. Simulation results demonstrate the superior performance of our proposed BF design in comparison to the conventional maximum ratio combining (MRC) BF methods in terms of spectral efficiency.
キーワード (和) セルフりーMIMO / 全二重通信 / テンソル信号処理 / ビームフォーミング設計 / 多線形一般化特異値分解 / / /  
(英) Cell-Free MIMO / Full Duplex / Tensor signal processing / Beamforming design / Multi-linear GSVD / / /  
文献情報 信学技報, vol. 121, no. 72, RCS2021-72, pp. 249-254, 2021年6月.
資料番号 RCS2021-72 
発行日 2021-06-16 (RCS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード RCS2021-72

研究会情報
研究会 RCS  
開催期間 2021-06-23 - 2021-06-25 
開催地(和) オンライン開催 
開催地(英) Online 
テーマ(和) 初めての研究会,リソース制御,スケジューリング,無線通信一般 
テーマ(英) First Presentation in IEICE Technical Committee, Resource Control, Scheduling, Wireless Communications, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 RCS 
会議コード 2021-06-RCS 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 全二重セルフリーMIMOのためのテンソル信号処理を用いた送受信ビームフォーミング設計法 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Tensor-aided Beamforming Design for Full Duplex Cell-Free MIMO 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) セルフりーMIMO / Cell-Free MIMO  
キーワード(2)(和/英) 全二重通信 / Full Duplex  
キーワード(3)(和/英) テンソル信号処理 / Tensor signal processing  
キーワード(4)(和/英) ビームフォーミング設計 / Beamforming design  
キーワード(5)(和/英) 多線形一般化特異値分解 / Multi-linear GSVD  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 安藤 研吾 / Kengo Ando / アンドウ ケンゴ
第1著者 所属(和/英) 電気通信大学 (略称: 電通大)
The University of Electro-communication (略称: UEC)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 飯盛 寛貴 / Hiroki Iimori / イイモリ ヒロキ
第2著者 所属(和/英) ジェイコブズ大学 (略称: JUB)
Jacobs University (略称: JUB)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 石橋 功至 / Koji Ishibashi / イシバシ コウジ
第3著者 所属(和/英) 電気通信大学 (略称: 電通大)
The University of Electro-communication (略称: UEC)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) アブレウ ジュゼッペ / Giuseppe Abreu / アブレウ ジュゼッペ
第4著者 所属(和/英) ジェイコブズ大学 (略称: JUB)
Jacobs University (略称: JUB)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2021-06-25 13:35:00 
発表時間 25 
申込先研究会 RCS 
資料番号 IEICE-RCS2021-72 
巻番号(vol) IEICE-121 
号番号(no) no.72 
ページ範囲 pp.249-254 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-RCS-2021-06-16 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会