お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2021-06-23 13:30
マルチアンテナAFリレー伝送でのチャネルのヌル空間を活用したMIMO-OFDM信号のPAPR抑圧に関する検討
関口侑希東京理科大)・野中信秀NTTドコモ)・樋口健一東京理科大RCS2021-39
抄録 (和) 第5世代移動通信システム(5G)やそれ以降のシステムでは,ミリ波帯等の高周波帯での無線伝送を広カバレッジで提供するために,基地局(BS: base station)からの送信信号を,リレー局(RS: relay station)を経由してユーザ端末(UE: user equipment)に伝送するリレー伝送の重要性が増す.このとき,5Gで基本となるMIMO (multiple-input multiple-output)-OFDM (orthogonal frequency division multiplexing)伝送で問題となるピーク対平均電力比(PAPR: peak-to-average power ratio)をBSのみならずRS送信端で低減して電力増幅器のバックオフを小さく抑えることはRSを用いたカバレッジ拡大のために重要となる.本稿では,筆者らが先に報告したMIMO-OFDM伝送におけるMIMOチャネルのヌル空間を活用した適応PAPR抑圧法をRSに適用する構成を提案する.RSには,受信した信号を復調・復号することなくそのまま増幅転送するAF (amplify-and-forward)型リレー伝送を想定する.計算機シミュレーションの結果より,提案法がRSでのPAPRを効果的に抑圧しつつ,UE受信端でのPAPR抑圧信号によるデータストリームへの干渉を低減できるため,従来法に比較して平均PAPR対平均スループット特性を改善できることを定量的に示す. 
(英) In the 5th generation mobile communication system and beyond, the importance of relay transmission increases in order to provide wide coverage of the high speed and high quality data transmission using higher carrier frequency band such as millimeter wave band. Assuming the multiple-input multiple-output (MIMO)-orthogonal frequency division multiplexing (OFDM) transmission as a baseline of the 5G system, mitigation of its high peak-to-average power ratio (PAPR) not only at the base station (BS) transmitter but also at the relay station (RS) transmitter is essential to achieve sufficient coverage enhancement from the usage of RS by reducing the transmission power backoff levels at the nonlinear power amplifier. In this paper, we propose to apply our previously reported adaptive PAPR reduction method using null space in MIMO channel for MIMO-OFDM transmission to RS. In this work, we assume an amplify-and-forward (AF)-type RS with multiple antennas. Computer simulation results show that PAPR-vs.-throughput is much improved by the proposed system compared to the conventional one thanks to the reduced interference levels from the PAPR reduction signal observed at the user terminal receiver.
キーワード (和) PAPR / OFDM / マルチユーザMIMO / AFリレー伝送 / / / /  
(英) PAPR / OFDM / Multiuser MIMO / AF relaying / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 121, no. 72, RCS2021-39, pp. 62-67, 2021年6月.
資料番号 RCS2021-39 
発行日 2021-06-16 (RCS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード RCS2021-39

研究会情報
研究会 RCS  
開催期間 2021-06-23 - 2021-06-25 
開催地(和) オンライン開催 
開催地(英) Online 
テーマ(和) 初めての研究会,リソース制御,スケジューリング,無線通信一般 
テーマ(英) First Presentation in IEICE Technical Committee, Resource Control, Scheduling, Wireless Communications, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 RCS 
会議コード 2021-06-RCS 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) マルチアンテナAFリレー伝送でのチャネルのヌル空間を活用したMIMO-OFDM信号のPAPR抑圧に関する検討 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Investigation of PAPR Reduction Using Null Space in MIMO Channel for MIMO-OFDM Signals in Multiple-Antenna AF Relay Transmission 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) PAPR / PAPR  
キーワード(2)(和/英) OFDM / OFDM  
キーワード(3)(和/英) マルチユーザMIMO / Multiuser MIMO  
キーワード(4)(和/英) AFリレー伝送 / AF relaying  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 関口 侑希 / Yuki Sekiguchi / セキグチ ユウキ
第1著者 所属(和/英) 東京理科大学 (略称: 東京理科大)
Tokyo University of Science (略称: Tokyo Univ. of Science)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 野中 信秀 / Nobuhide Nonaka / ノナカ ノブヒデ
第2著者 所属(和/英) 株式会社NTTドコモ (略称: NTTドコモ)
NTT DOCOMO, INC. (略称: NTT DOCOMO)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 樋口 健一 / Kenichi Higuchi / ヒグチ ケンイチ
第3著者 所属(和/英) 東京理科大学 (略称: 東京理科大)
Tokyo University of Science (略称: Tokyo Univ. of Science)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2021-06-23 13:30:00 
発表時間 10 
申込先研究会 RCS 
資料番号 IEICE-RCS2021-39 
巻番号(vol) IEICE-121 
号番号(no) no.72 
ページ範囲 pp.62-67 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-RCS-2021-06-16 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会