お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2021年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2021-06-23 10:10
5G URLLCにおける適応変調符号化HARQを用いたスループット改善の検討
長谷川 暁岡本英二名工大)・三上 学吉野 仁ソフトバンクRCS2021-33
抄録 (和) 第5世代移動通信システム(5G)の要求シナリオの一つとして自動運転などをユースケースとするultra-reliable and low latency communications(URLLC)があり,無線伝送における高信頼性と超低遅延性を両立する技術が求められている.しかし,従来検討されてきたURLLCでは変調多値数が低く抑えられておりスループットに改善の余地があった.そこで本稿では,限られた周波数帯域の利用率を向上させる技術の一つである適応変調符号化(adaptive modulation and coding: AMC)とhybrid automatic repeat request(HARQ)を組み合わせたオープンループ型のAMC-HARQを提案する.提案手法では相互情報量に基づきAMCの閾値を設定することにより,URLLCの要求条件を満たすとともにスループットが向上することを計算機シミュレーションにより示す. 
(英) Ultra-reliable and low latency communications (URLLC) is one of the main scenarios for the 5th generation mobile communications system (5G), whose use cases are time-sensitive applications such as autonomous driving. In conventional URLLC transmission, the modulation index and coding rate are usually limited to lower values to suppress the transmission error rate, and subsequently, the throughput performance is also limited. Therefore, in this paper, we propose a new URLLC transmission method to achieve both high reliability and low latency in wireless transmission by using adaptive modulation and coding (AMC)-based open-loop hybrid automatic repeat request (HARQ), which is a balanced combination of AMC and HARQ. The proposed method uses thresholds for AMC switching based on mutual information. By using the appropriate thresholds, we show that the proposed AMC-HARQ satisfies the requirements of URLLC and improves the throughput performance under the limited frequency band by numerical simulations.
キーワード (和) 5G / URLLC / 適応変調符号化 / ハイブリッドARQ / 相互情報量 / 自動運転 / /  
(英) 5G / URLLC / adaptive modulation and coding / hybrid automatic repeat request / mutual information / autonomous driving / /  
文献情報 信学技報, vol. 121, no. 72, RCS2021-33, pp. 25-30, 2021年6月.
資料番号 RCS2021-33 
発行日 2021-06-16 (RCS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード RCS2021-33

研究会情報
研究会 RCS  
開催期間 2021-06-23 - 2021-06-25 
開催地(和) オンライン開催 
開催地(英) Online 
テーマ(和) 初めての研究会,リソース制御,スケジューリング,無線通信一般 
テーマ(英) First Presentation in IEICE Technical Committee, Resource Control, Scheduling, Wireless Communications, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 RCS 
会議コード 2021-06-RCS 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 5G URLLCにおける適応変調符号化HARQを用いたスループット改善の検討 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) A Study on Throughput Improvement of Adaptive Modulation and Coding based HARQ in 5G URLLC 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 5G / 5G  
キーワード(2)(和/英) URLLC / URLLC  
キーワード(3)(和/英) 適応変調符号化 / adaptive modulation and coding  
キーワード(4)(和/英) ハイブリッドARQ / hybrid automatic repeat request  
キーワード(5)(和/英) 相互情報量 / mutual information  
キーワード(6)(和/英) 自動運転 / autonomous driving  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 長谷川 暁 / Akira Hasegawa / ハセガワ アキラ
第1著者 所属(和/英) 名古屋工業大学 (略称: 名工大)
Nagoya Institute of Technology (略称: NIT)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 岡本 英二 / Eiji Okamoto / オカモト エイジ
第2著者 所属(和/英) 名古屋工業大学 (略称: 名工大)
Nagoya Institute of Technology (略称: NIT)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 三上 学 / Manabu Mikami / ミカミ マナブ
第3著者 所属(和/英) ソフトバンク株式会社 (略称: ソフトバンク)
SoftBank corporation (略称: SoftBank corp.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 吉野 仁 / Hitoshi Yoshino / ヨシノ ヒトシ
第4著者 所属(和/英) ソフトバンク株式会社 (略称: ソフトバンク)
SoftBank corporation (略称: SoftBank corp.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2021-06-23 10:10:00 
発表時間 10 
申込先研究会 RCS 
資料番号 IEICE-RCS2021-33 
巻番号(vol) IEICE-121 
号番号(no) no.72 
ページ範囲 pp.25-30 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-RCS-2021-06-16 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会