お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2021-06-21 13:55
An initial evaluation between C language and PRSafe for developing eBPF programs
Mahadevan Sai VeeryaTakano YuukiMiyaji AtsukoHandaiIA2021-3 ICSS2021-3
抄録 (和) (まだ登録されていません) 
(英) The eBPF ( Berkeley Packet Filter) in the Linux OS is a virtual machine for running user-space programs written in C language, inside the Linux kernel. However, in order for these C programs to run inside the Linux kernel, they need to be Non-Turing complete and successfully pass the safety checks of the eBPF verifier module inside eBPF. As C is a Turing-complete language, this puts the onus on developers to design a C program with restricted, Non-Turing complete functionality. In order to reduce the burden on developers, we had earlier created PRSafe. In this paper, we follow up with an initial evaluation between programs written for eBPF in C and PRSafe using some qualitative factors, i.e. 1) error-information returned by the respective language compiler 2) syntax related errors 3) ease-of installation and usage. We also attempt to extend this study using an evaluation with an alternate verifier, i.e. PREVAIL, a Polynomial-Runtime EBPF Verifier that uses an Abstract Interpretation Layer.
キーワード (和) / / / / / / /  
(英) programming language / eBPF / LLVM / C language / verifier / / /  
文献情報 信学技報, vol. 121, no. 69, ICSS2021-3, pp. 14-19, 2021年6月.
資料番号 ICSS2021-3 
発行日 2021-06-14 (IA, ICSS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード IA2021-3 ICSS2021-3

研究会情報
研究会 IA ICSS  
開催期間 2021-06-21 - 2021-06-22 
開催地(和) オンライン開催 
開催地(英) Online 
テーマ(和) インターネットセキュリティ、一般 
テーマ(英) Internet Security, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 ICSS 
会議コード 2021-06-IA-ICSS 
本文の言語 英語 
タイトル(和)  
サブタイトル(和)  
タイトル(英) An initial evaluation between C language and PRSafe for developing eBPF programs 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) / programming language  
キーワード(2)(和/英) / eBPF  
キーワード(3)(和/英) / LLVM  
キーワード(4)(和/英) / C language  
キーワード(5)(和/英) / verifier  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) マハデヴァン サイ ヴィーリャ / Mahadevan Sai Veerya / マハデヴァン サイ ヴィーリャ
第1著者 所属(和/英) 大阪大学 (略称: 阪大)
Osaka University (略称: Handai)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 高野 祐輝 / Takano Yuuki / タカノ ユウキ
第2著者 所属(和/英) 大阪大学 (略称: 阪大)
Osaka University (略称: Handai)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 宮地 充子 / Miyaji Atsuko / ミヤジ アツコ
第3著者 所属(和/英) 大阪大学 (略称: 阪大)
Osaka University (略称: Handai)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2021-06-21 13:55:00 
発表時間 25 
申込先研究会 ICSS 
資料番号 IEICE-IA2021-3,IEICE-ICSS2021-3 
巻番号(vol) IEICE-121 
号番号(no) no.68(IA), no.69(ICSS) 
ページ範囲 pp.14-19 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-IA-2021-06-14,IEICE-ICSS-2021-06-14 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会