お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2021年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2021-06-18 13:00
利用価値の高い音声データの録音手順の実際と支援ツールについて ~ オールパスフィルタの従属接続に基づく拡張された時間伸長パルスの応用 ~
河原英紀和歌山大)・矢田部浩平早大)・榊原健一北海道医療大)・水町光徳九工大)・森勢将雅明大)・坂野秀樹名城大)・入野俊夫和歌山大SP2021-1
抄録 (和) 音声を収録する環境と提示する環境の物理特性を把握することは,研究の再現性と,音声資料の可用性のために有用である。ここでは,著者らによる拡張された時間伸長パルスに基づく,対話的実時間音響計測ツールを用いて,どのようにそれらの物理特性を把握するか,様々な状況を想定した具体的な例を用いて紹介する。 
(英) Objective measurements of speech data acquisition and presentation is clucial for assureing reploducibility and reusability of experimental results and materials. We introduce setting and measurement examples of those conditions using an interactiv and real-time acoustic measurment tool, that is based on an extended time stretched pulse.
キーワード (和) 音声収録 / 音声提示 / 音響特性 / 時間伸長パルス / 振幅周波数特性 / 残響 / 暗騒音 /  
(英) voice acquisition / voice presentatio / time stretched pulse / frequency gain characteristics / reverberation / background noise / /  
文献情報 信学技報, vol. 121, no. 66, SP2021-1, pp. 1-6, 2021年6月.
資料番号 SP2021-1 
発行日 2021-06-11 (SP) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード SP2021-1

研究会情報
研究会 SP IPSJ-SLP IPSJ-MUS  
開催期間 2021-06-18 - 2021-06-19 
開催地(和) オンライン開催 
開催地(英) Online 
テーマ(和) 音学シンポジウム2021 
テーマ(英) OTOGAKU Symposium 2021 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 SP 
会議コード 2021-06-SP-SLP-MUS 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 利用価値の高い音声データの録音手順の実際と支援ツールについて 
サブタイトル(和) オールパスフィルタの従属接続に基づく拡張された時間伸長パルスの応用 
タイトル(英) Tools and practice for supporting recommended protocol for acoustic recording of speech data for high usability 
サブタイトル(英) Application of a cascaded all-pass filters with randomized center frequencies and phase polarities 
キーワード(1)(和/英) 音声収録 / voice acquisition  
キーワード(2)(和/英) 音声提示 / voice presentatio  
キーワード(3)(和/英) 音響特性 / time stretched pulse  
キーワード(4)(和/英) 時間伸長パルス / frequency gain characteristics  
キーワード(5)(和/英) 振幅周波数特性 / reverberation  
キーワード(6)(和/英) 残響 / background noise  
キーワード(7)(和/英) 暗騒音 /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 河原 英紀 / Hideki Kawahara / カワハラ ヒデキ
第1著者 所属(和/英) 和歌山大学 (略称: 和歌山大)
Wakayama University (略称: Wakayama Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 矢田部 浩平 / Kohei Yatabe / ヤタベ コウヘイ
第2著者 所属(和/英) 早稲田大学 (略称: 早大)
Waseda University (略称: Waseda Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 榊原 健一 / Ken-Ichi Sakakibara / サカキバラ ケンイチ
第3著者 所属(和/英) 北海道医療大学 (略称: 北海道医療大)
Health Science University of Hokkaido (略称: Health Sci. Univ. Hokkaido)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 水町 光徳 / Mitsunori Mizumachi / ミズマチ ミツノリ
第4著者 所属(和/英) 九州工業大学 (略称: 九工大)
Kyushu Institute of Technology (略称: Kyushu Inst. Tech)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 森勢 将雅 / Masanori Morise / モリセ マサノリ
第5著者 所属(和/英) 明治大学 (略称: 明大)
Meiji University (略称: Meiji Univ.)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) 坂野 秀樹 / Hideki Banno / バンノ ヒデキ
第6著者 所属(和/英) 名城大学 (略称: 名城大)
Meijo University (略称: Meijo Univ.)
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) 入野 俊夫 / Toshio Irino / イリノ トシオ
第7著者 所属(和/英) 和歌山大学 (略称: 和歌山大)
Wakayama University (略称: Wakayama Univ.)
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2021-06-18 13:00:00 
発表時間 120 
申込先研究会 SP 
資料番号 IEICE-SP2021-1 
巻番号(vol) IEICE-121 
号番号(no) no.66 
ページ範囲 pp.1-6 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-SP-2021-06-11 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会