お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2021-06-03 17:00
ハイパースラブ射影を用いた二次曲面クラスタリングと色むら除去への応用
大坪立弥京地清介北九州市大SIP2021-5 BioX2021-5 IE2021-5
抄録 (和) 局所核ノルム最小化(LCNN)に基づく色むら除去が従来提案され有効性が確認されている.LCNN は各局所パッチが単独の直線分布から構成される性質(色線形性)を前提として構成されているが,実際には複数の曲線や曲面分布の和集合を形成する(色線形性を満たさない)パッチが多く存在するため,色線形性を満たさないパッチで色むら除去の精度が低下する問題があった.本研究では,1) 各局所パッチに内在する複数の二次曲面分布のパラメータをハイパースラブ射影に基づく線形回帰によって推定し,2)推定パラメータから個々の二次曲面分布を特定し,3) 各二次曲面分布からさらにクラスタリングされて得られた分布に対して LCNN 最小化を適用し,曲線・局面分布に対しても高精度に色むらを除去する手法を提案する. 
(英) Color artifact removal based on local color nuclear norm (LCNN) has been proposed conventionally. LCNN relies on the fact that each local patch in a clear image forms line distribution (color line property). However, we can observe that many patches do not form a line, but a union of curve and surface distributions. Thus, for those patches, LCNN regularization cannot remove the color artifact effectively. In this study, we propose an effective method to remove the color artifact for curves and surfaces by the following three-step algorithm: We estimate the parameters of quadratic surface distributions in each local patch by using the hyperslab projection, apply clustering each surface distribution with the estimated parameters, and apply LCNN regularization to approximate each sub-cluster.
キーワード (和) 色むら除去 / 色線形性 / 局所核ノルム正則化 / ハイパースラブ射影 / / / /  
(英) Color artifact removal / color line property / local color nuclear norm regularization / projection onto hyperslab / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 121, no. 56, IE2021-5, pp. 21-26, 2021年6月.
資料番号 IE2021-5 
発行日 2021-05-27 (SIP, BioX, IE) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード SIP2021-5 BioX2021-5 IE2021-5

研究会情報
研究会 IE SIP BioX ITE-IST ITE-ME  
開催期間 2021-06-03 - 2021-06-04 
開催地(和) オンライン開催 
開催地(英) Online 
テーマ(和) 映像・信号の処理・解析・AI技術とその多分野応用 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 IE 
会議コード 2021-06-IE-SIP-BioX-IST-ME 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) ハイパースラブ射影を用いた二次曲面クラスタリングと色むら除去への応用 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Quadratic Surface Clustering Based on Hyperslab Projection and Its Application to Color Artifact Removal 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 色むら除去 / Color artifact removal  
キーワード(2)(和/英) 色線形性 / color line property  
キーワード(3)(和/英) 局所核ノルム正則化 / local color nuclear norm regularization  
キーワード(4)(和/英) ハイパースラブ射影 / projection onto hyperslab  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 大坪 立弥 / Tatsuya Ohtsubo /
第1著者 所属(和/英) 北九州市立大学 (略称: 北九州市大)
The University of Kitakyushu (略称: The Univ. of Kitakyushu)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 京地 清介 / Seisuke Kyochi /
第2著者 所属(和/英) 北九州市立大学 (略称: 北九州市大)
The University of Kitakyushu (略称: The Univ. of Kitakyushu)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2021-06-03 17:00:00 
発表時間 30 
申込先研究会 IE 
資料番号 IEICE-SIP2021-5,IEICE-BioX2021-5,IEICE-IE2021-5 
巻番号(vol) IEICE-121 
号番号(no) no.54(SIP), no.55(BioX), no.56(IE) 
ページ範囲 pp.21-26 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-SIP-2021-05-27,IEICE-BioX-2021-05-27,IEICE-IE-2021-05-27 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会