お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2021-06-01 13:50
映像における色振動方式不可視マーカの読み取り可能距離の拡張
田中稜太郎亀井郁夫高木 健韓 燦教福嶋政期苗村 健東大MVE2021-1
抄録 (和) ディスプレイにQRコードなどのマーカを表示する際,人にとっては本来無意味であるマーカの表示領域が視覚的コンテンツの邪魔になり得る.
これを解消するため,特定の画素の色度を振動(色振動)させて不可視のマーカを埋め込む研究が行われている.
マーカの不可視性は,ユーザの視覚的体験を損なわない反面,ユーザが様々な距離からカメラをかざす可能性があるため,読み取り距離に応じて大きさの異なるマーカを多重的に埋め込む必要がある.
本稿では,複数の色振動の角度を用いたシステムを提案し,マーカの多重的な埋め込みを可能にすることで,システム全体としての読み取り可能距離の拡張を図った.
実験により,適切な補正をかけることで期待した拡張性が得られることが確認できた. 
(英) Machine-readable optical barcodes, such as QR codes, shown on a display may degrade the aesthetics of any underlying visual content as they are not decipherable by humans.
To solve this problem, there have been several attempts to embed imperceptible markers with color vibration.
However, when users try to read the markers with their camera, the readable range is determined by the physical size of the markers.
This paper proposes a method of multiplexing markers of different angular color vibrations in the color space to extend the readable range.
Experimental results show that the extension of the readable range can be obtained by the proposed system.
キーワード (和) 色振動 / スクリーンーカメラコミュニケーション / / / / / /  
(英) Color Vibration / Screen-Camera Communication / / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 121, no. 53, MVE2021-1, pp. 1-6, 2021年6月.
資料番号 MVE2021-1 
発行日 2021-05-25 (MVE) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード MVE2021-1

研究会情報
研究会 MVE ITE-HI VRSJ  
開催期間 2021-06-01 - 2021-06-02 
開催地(和) オンライン開催(東京大学から変更) 
開催地(英) Online 
テーマ(和) 人工現実感、エンタテインメント、メディアエクスペリエンス(共催:情処EC研、情処HCI研、VR学会、HI学会SIGDeMO、映メ学会ITE-HI) 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 MVE 
会議コード 2021-06-MVE-HI-VRSJ 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 映像における色振動方式不可視マーカの読み取り可能距離の拡張 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Extending the Readable Range of Imperceptible Fiducial Markers with Color Vibration for Screen-Camera Communication 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 色振動 / Color Vibration  
キーワード(2)(和/英) スクリーンーカメラコミュニケーション / Screen-Camera Communication  
キーワード(3)(和/英) /  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 田中 稜太郎 / Ryotaro Tanaka / タナカ リョウタロウ
第1著者 所属(和/英) 東京大学 (略称: 東大)
The University of Tokyo (略称: UT)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 亀井 郁夫 / Ikuo Kamei / カメイ イクオ
第2著者 所属(和/英) 東京大学 (略称: 東大)
The University of Tokyo (略称: UT)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 高木 健 / Ken Takaki / タカキ ケン
第3著者 所属(和/英) 東京大学 (略称: 東大)
The University of Tokyo (略称: UT)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 韓 燦教 / Changyo Han / Changyo Han
第4著者 所属(和/英) 東京大学 (略称: 東大)
The University of Tokyo (略称: UT)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 福嶋 政期 / Shogo Fukushima / フクシマ ショウゴ
第5著者 所属(和/英) 東京大学 (略称: 東大)
The University of Tokyo (略称: UT)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) 苗村 健 / Takeshi Naemura / ナエムラ タケシ
第6著者 所属(和/英) 東京大学 (略称: 東大)
The University of Tokyo (略称: UT)
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2021-06-01 13:50:00 
発表時間 25 
申込先研究会 MVE 
資料番号 IEICE-MVE2021-1 
巻番号(vol) IEICE-121 
号番号(no) no.53 
ページ範囲 pp.1-6 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-MVE-2021-05-25 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会