お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2021-05-28 13:55
端末のバッテリ残量を考慮した災害救助通信用MANETプロトコルAODV-SOSの性能評価
山田竜宇行田弘一芝浦工大ICTSSL2021-3
抄録 (和) モバイルアドホックネットワーク(MANET)を用いた通信においては一般的に宛先端末の IP アドレス が既知であることを前提とするが,災害時等非常時における通信では宛先端末の IP アドレスが必ずしも既知である とは限らない.また,MANET を構成する移動端末はバッテリでの動作を想定しており,他の端末宛のデータを中継することによりバッテリを消費する.本稿では災害時における救助活動を想定し,被災者の持つ端末の IP アドレ スが不明な場合でも通信を可能にする経路制御プロトコル AODV-SOS において端末のバッテリに応じてパケット 再送確率を変化させる Power Aware Routing-AODV-SOS を提案し,その性能評価を行なった結果を示す. 
(英) In Mobile Ad-hoc Network(MANET), it is assumed that the IP address of the destination terminal is known, but it is not in case of emergencies such as disasters. In addition, MANET terminals are assumed to operate on battery power, and they consume battery power by relaying data to other terminals. Therefore, the network life is expected to be extended by controlling the route considering the remaining battery power. AODV-SOS, a routing protocol that enables rescue request communication even when the IP address of the destination terminal is unknown, has been proposed, but it does not take the remaining battery power into account. In this paper, we propose a new routing protocol, Power Aware Routing-AODV-SOS(PAR- AODV-SOS), which is a battery-aware routing protocol for AODV-SOS, and evaluate its performance.
キーワード (和) MANET / ルーティングプロトコル / 災害救助通信 / / / / /  
(英) MANET / Routing protocol / Disaster relief communication / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 121, no. 49, ICTSSL2021-3, pp. 11-15, 2021年5月.
資料番号 ICTSSL2021-3 
発行日 2021-05-21 (ICTSSL) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード ICTSSL2021-3

研究会情報
研究会 ICTSSL  
開催期間 2021-05-28 - 2021-05-28 
開催地(和) オンライン開催 
開催地(英) Online 
テーマ(和) 一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 ICTSSL 
会議コード 2021-05-ICTSSL 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 端末のバッテリ残量を考慮した災害救助通信用MANETプロトコルAODV-SOSの性能評価 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Performance evaluation of MANET protocol AODV-SOS for Disaster Relief Communication Considering Terminal Battery Life 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) MANET / MANET  
キーワード(2)(和/英) ルーティングプロトコル / Routing protocol  
キーワード(3)(和/英) 災害救助通信 / Disaster relief communication  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 山田 竜宇 / Ryu Yamada / ヤマダ リュウ
第1著者 所属(和/英) 芝浦工業大学 (略称: 芝浦工大)
Shibaura Institute of Technology (略称: Shibaura Inst. of Tech.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 行田 弘一 / Koichi Gyoda /
第2著者 所属(和/英) 芝浦工業大学 (略称: 芝浦工大)
Shibaura Institute of Technology (略称: Shibaura Inst. of Tech.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2021-05-28 13:55:00 
発表時間 25 
申込先研究会 ICTSSL 
資料番号 IEICE-ICTSSL2021-3 
巻番号(vol) IEICE-121 
号番号(no) no.49 
ページ範囲 pp.11-15 
ページ数 IEICE-5 
発行日 IEICE-ICTSSL-2021-05-21 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会