お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2021-05-21 14:25
高い柔軟性を有する圧縮可能暗号化画像への可逆情報埋込み法
本村遼太今泉祥子千葉大)・貴家仁志都立大IT2021-14 EMM2021-14
抄録 (和) 本稿では,暗号化処理後の圧縮効率と埋込み容量を考慮した暗号化画像に対する可逆情報埋込み法を提案する.提案法では,まず,原画像を興味領域(ROI)とそれ以外の領域(non-ROI)に分類する.ROIに対しては,Encryption-then-compression(EtC)システムにより暗号化を施し,ヒストグラム移動を用いて情報を埋め込む.これにより,ROIは,暗号化後も圧縮が有効となり,さらに,埋め込まれた情報を抽出することなく,暗号を解除することが可能となる.一方,non-ROIに対しては,MSB予測を用いてあらかじめ埋込み可能なMSBを決定した後,XOR演算による暗号化を施し,MSBを埋込み情報に置換することで埋込み処理を行う.したがって,non-ROIでは,1 bpp程度の高い埋込み容量を達成できる.シミュレーションにより,埋込み容量と圧縮特性の観点から評価を行い,提案法の有効性を確認する. 
(英) In this paper, we propose a reversible data hiding method in encrypted images, where both the com-pression efficiency and hiding capacity are carefully considered. The proposed scheme first divides the original imageinto region of interest (ROI) and non-region of interest (non-ROI). In ROI, an encryption-then-compression (EtC)system is used for encryption and a histogram shifting based method is adopted for data hiding. Accordingly, ROIcan be compressed after encryption and also be decrypted without extracting the hidden data. In contrast, an MSBprediction based method is introduced in non-ROI. MSB replacement and XOR operation are used for data hidingand encryption, respectively, and there exit several features to correctly predict the original MSB in this method. Thehiding rate in non-ROI results in around 1 bpp. Experimental results show the effectiveness of the proposed methodin terms of hiding capacity and lossless compression efficiency.
キーワード (和) 可逆情報埋込み / 画像暗号化 / EtCシステム / 圧縮効率 / 埋込み容量 / / /  
(英) Reversible data hiding, image encryption / image encryption / EtC system / compression efficiency / hiding capacity / / /  
文献情報 信学技報, vol. 121, no. 29, EMM2021-14, pp. 78-83, 2021年5月.
資料番号 EMM2021-14 
発行日 2021-05-13 (IT, EMM) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード IT2021-14 EMM2021-14

研究会情報
研究会 EMM IT  
開催期間 2021-05-20 - 2021-05-21 
開催地(和) オンライン開催 
開催地(英) Online 
テーマ(和) 情報セキュリティ,情報理論,情報ハイディング,一般 
テーマ(英) Information Security, Information Theory, Information Hiding, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 EMM 
会議コード 2021-05-EMM-IT 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 高い柔軟性を有する圧縮可能暗号化画像への可逆情報埋込み法 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) A reversible data hiding method with high flexibility in compressive encrypted images 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 可逆情報埋込み / Reversible data hiding, image encryption  
キーワード(2)(和/英) 画像暗号化 / image encryption  
キーワード(3)(和/英) EtCシステム / EtC system  
キーワード(4)(和/英) 圧縮効率 / compression efficiency  
キーワード(5)(和/英) 埋込み容量 / hiding capacity  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 本村 遼太 / Ryota Motomura / モトムラ リョウタ
第1著者 所属(和/英) 千葉大学 (略称: 千葉大)
Chiba University (略称: Chiba Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 今泉 祥子 / Shoko Imaizumi / イマイズミ ショウコ
第2著者 所属(和/英) 千葉大学 (略称: 千葉大)
Chiba University (略称: Chiba Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 貴家 仁志 / Hitoshi Kiya / キヤ ヒトシ
第3著者 所属(和/英) 東京都立大学 (略称: 都立大)
Tokyo Metropolitan University (略称: Tokyo Metropolitan Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2021-05-21 14:25:00 
発表時間 25 
申込先研究会 EMM 
資料番号 IEICE-IT2021-14,IEICE-EMM2021-14 
巻番号(vol) IEICE-121 
号番号(no) no.28(IT), no.29(EMM) 
ページ範囲 pp.78-83 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-IT-2021-05-13,IEICE-EMM-2021-05-13 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会