お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2021-05-21 09:30
擬似流水音を活用した音響データハイディング方式の提案
村岡直幸小嶋徹也松﨑頼人東京高専IT2021-7 EMM2021-7
抄録 (和) 音響データハイディングは,電子透かしや電子指紋として利用されるだけでなく通信媒体としても活用できることが指摘されている.例として,防災無線で利用されるサイレン音への災害情報の埋め込みや,楽曲の音楽的要素への埋め込み手法であるTone Codeなどが提案されてきた.本研究では,擬似流水音に対するデータハイディング方式を提案する.トイレの消音目的で利用される擬似流水音はホワイトノイズによく似た特徴を持つため,情報を埋め込むことによる音質の劣化を目立ちづらくすることが期待される.提案手法を用いたアナログ伝送を介する情報抽出実験を行い,閉鎖空間での伝送でも誤り率を低く抑えられることが確認できた.一方で,提案手法を実際に利用する場合には,処理負荷の面で改善が必要であることも明らかになった. 
(英) Data hiding techniques can be used as a communication medium as well as digital watermarking or fingerprinting applications. In the previous studies, audio data hiding techniques have been applied to disaster prevention broadcasting systems and a technique called Tone Code that can embed the secret messages by utilizing the characteristics of musical pieces. In this study, an audio data hiding scheme utilizing artificial flowing water sounds is proposed. Such flowing water sounds have characteristics quite similar to the white Gaussian noise. So it is expected that the deterioration of the sound quality can be prevented after embedding the secret messages in those sounds. It is shown that the proposed system can transmit the secret messages with almost no errors through the experiments under the analog transmission scenario using loud speakers and mobile terminals. Some problems to be tackled in out future study are also discussed. Especially, the computational cost for the extraction of the messages should be largely reduced.
キーワード (和) 音響データハイディング / 擬似流水音 / 短距離閉鎖空間 / スペクトル拡散 / / / /  
(英) audio data hiding / artificial flowing water sounds / short rang and enclosed space / spread spectrum / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 121, no. 29, EMM2021-7, pp. 37-41, 2021年5月.
資料番号 EMM2021-7 
発行日 2021-05-13 (IT, EMM) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード IT2021-7 EMM2021-7

研究会情報
研究会 EMM IT  
開催期間 2021-05-20 - 2021-05-21 
開催地(和) オンライン開催 
開催地(英) Online 
テーマ(和) 情報セキュリティ,情報理論,情報ハイディング,一般 
テーマ(英) Information Security, Information Theory, Information Hiding, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 EMM 
会議コード 2021-05-EMM-IT 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 擬似流水音を活用した音響データハイディング方式の提案 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) An Audio Data Hiding Scheme Utilizing Artificial Flowing Water Sounds 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 音響データハイディング / audio data hiding  
キーワード(2)(和/英) 擬似流水音 / artificial flowing water sounds  
キーワード(3)(和/英) 短距離閉鎖空間 / short rang and enclosed space  
キーワード(4)(和/英) スペクトル拡散 / spread spectrum  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 村岡 直幸 / Naoyuki Muraoka / ムラオカ ナオユキ
第1著者 所属(和/英) 東京工業高等専門学校 (略称: 東京高専)
National Institute of Technology, Tokyo College (略称: NIT, Tokyo College)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 小嶋 徹也 / Tetsuya Kojima / コジマ テツヤ
第2著者 所属(和/英) 東京工業高等専門学校 (略称: 東京高専)
National Institute of Technology, Tokyo College (略称: NIT, Tokyo College)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 松﨑 頼人 / Raito Matsuzaki / マツザキ ライト
第3著者 所属(和/英) 東京工業高等専門学校 (略称: 東京高専)
National Institute of Technology, Tokyo College (略称: NIT, Tokyo College)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2021-05-21 09:30:00 
発表時間 25 
申込先研究会 EMM 
資料番号 IEICE-IT2021-7,IEICE-EMM2021-7 
巻番号(vol) IEICE-121 
号番号(no) no.28(IT), no.29(EMM) 
ページ範囲 pp.37-41 
ページ数 IEICE-5 
発行日 IEICE-IT-2021-05-13,IEICE-EMM-2021-05-13 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会