お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2021-05-20 15:00
難視性パターンの読み取りにおける画像処理手法の改善
浦川大樹金田北洋岩村恵市東京理科大IT2021-4 EMM2021-4
抄録 (和) 機材の低価格化から、近年監視カメラの設置数は大幅に増加しているが、そのほとんどは有効活用されていない。特に、得られる映像から行動追跡を行うことができればマーケティングなど様々な用途での活用が期待される。先行研究に、人間の視覚的に違和感を覚えにくい特定の模様「難視性パターン」に情報を埋め込み、追跡を行う手法があるが、撮影環境によって精度が大きく低下するという難点があった。本研究では先行研究で用いられた事前画像処理のパラメーターチューニングを行い、また領域検出に用いているディープラーニングプログラムの学習用データを拡充することにより、精度の向上を目指した。結果として、学習用データの拡充ではほぼ精度が変わらなかったが、事前画像処理のパラメーターチューニングにおいては精度の向上がみられた。 
(英) Due to the low cost of equipment, the number of surveillance cameras installed has increased significantly in recent years, but most of them are not being used effectively.
Specially, if it is possible to track behavior from the obtained images, it is expected to be used for various purposes such as marketing. In our previous research, we proposed a method of tracking by embedding information in “Artificial Fiber Patterns”, but it has a drawback that the accuracy of the method decreases significantly depending on the capturing environment. In this study, we aimed to improve the accuracy by parameter-tuning to the prior image processing used in the previous study and by reconsidering the training data of the deep learning program used for region detection. As a result, the accuracy is almost the same when the training data was reconsidered, but the accuracy is improved applying parameter-tuning to the prior image processing
キーワード (和) 情報埋め込み / 監視カメラ / ディープラーニング / 難視性パターン / 物体検出 / / /  
(英) Data Hiding / Deep Learning / Artificial Fiber Pattern / Object Detection / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 121, no. 29, EMM2021-4, pp. 19-24, 2021年5月.
資料番号 EMM2021-4 
発行日 2021-05-13 (IT, EMM) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード IT2021-4 EMM2021-4

研究会情報
研究会 EMM IT  
開催期間 2021-05-20 - 2021-05-21 
開催地(和) オンライン開催 
開催地(英) Online 
テーマ(和) 情報セキュリティ,情報理論,情報ハイディング,一般 
テーマ(英) Information Security, Information Theory, Information Hiding, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 EMM 
会議コード 2021-05-EMM-IT 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 難視性パターンの読み取りにおける画像処理手法の改善 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Improving a tracking accuracy using Artificial Fiber Patterns by applying a new image processing method 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 情報埋め込み / Data Hiding  
キーワード(2)(和/英) 監視カメラ / Deep Learning  
キーワード(3)(和/英) ディープラーニング / Artificial Fiber Pattern  
キーワード(4)(和/英) 難視性パターン / Object Detection  
キーワード(5)(和/英) 物体検出 /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 浦川 大樹 / Hiroki Urakawa / ウラカワ ヒロキ
第1著者 所属(和/英) 東京理科大学 (略称: 東京理科大)
Tokyo University of Science (略称: TUS)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 金田 北洋 / Kitahiro Kaneda / カネダ キタヒロ
第2著者 所属(和/英) 東京理科大学 (略称: 東京理科大)
Tokyo University of Science (略称: TUS)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 岩村 恵市 / Keiichi Iwamura / イワムラ ケイイチ
第3著者 所属(和/英) 東京理科大学 (略称: 東京理科大)
Tokyo University of Science (略称: TUS)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2021-05-20 15:00:00 
発表時間 25 
申込先研究会 EMM 
資料番号 IEICE-IT2021-4,IEICE-EMM2021-4 
巻番号(vol) IEICE-121 
号番号(no) no.28(IT), no.29(EMM) 
ページ範囲 pp.19-24 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-IT-2021-05-13,IEICE-EMM-2021-05-13 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会