お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2021-05-14 13:45
オーケストレータのアダプタ開発におけるスキーママッチング技術の適用性に関する一検討
武 直樹加藤能史大谷未稚斎藤清隆近藤 悟三好 優NTTICM2021-6
抄録 (和) 近年,REST API等の形で公開される要素サービスを複数組み合わせた自社サービス構築が一般的になりつつあり,それらを一元的に構築・運用するためにオーケストレータと呼ばれるソフトウェアが普及しつつある.オーケストレータでは,要素サービス側の機能追加や仕様変更に追従して制御できるようにするために,“アダプタ”と呼ばれるAPI変換機能部の開発が都度必要になる.アダプタの開発においては,複数の要素サービス間のAPIの違いを吸収するため,意味的に共通なAPIやそのパラメータを相互変換するためのルールを特定する必要があるが,多くのAPIやパラメータが存在するため多大な稼働を要するという問題があった.本稿では,低コスト・短期間でのアダプタ開発を実現するためのアプローチとして,属性名やその構造等の情報を用いて異種のデータスキーマ間で意味的な対応関係を導出するスキーママッチング技術に注目し,簡易的な検証を通じてアダプタ開発の効率化に向けた適用性について考察する. 
(英) Orchestrators have become common for service providers to uniformly integrate and operate their own services composed of multiple element services provided in public as REST APIs etc. However, frequent development of API transformation functions called “adapters” is needed to keep up with frequent launches and specification changes of element services. In order to develop adapters, specifying the semantic correspondences and transformation rules between multiple element services is required to make the API differences invisible from orchestrator users, which is a time-consuming task due to a large number of APIs and their parameters. In this paper, we focus on the schema matching technology, which estimates the semantic correspondences between heterogeneous data schemas using various information such as names of attributes and their structures, and discuss its applicability to the adapter development.
キーワード (和) オーケストレータ / アダプタ / 開発省力化 / スキーママッチング / / / /  
(英) Orchestrator / Adapter / Development Support / Schema Matching / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 121, no. 13, ICM2021-6, pp. 29-34, 2021年5月.
資料番号 ICM2021-6 
発行日 2021-05-06 (ICM) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード ICM2021-6

研究会情報
研究会 ICM IPSJ-CSEC IPSJ-IOT  
開催期間 2021-05-13 - 2021-05-14 
開催地(和) オンライン開催 
開催地(英) Online 
テーマ(和) サービス管理,運用管理技術,セキュリティ管理,一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 ICM 
会議コード 2021-05-ICM-CSEC-IOT 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) オーケストレータのアダプタ開発におけるスキーママッチング技術の適用性に関する一検討 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Applicability of Schema Matching to Adapter Development for Orchestrator 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) オーケストレータ / Orchestrator  
キーワード(2)(和/英) アダプタ / Adapter  
キーワード(3)(和/英) 開発省力化 / Development Support  
キーワード(4)(和/英) スキーママッチング / Schema Matching  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 武 直樹 / Naoki Take / タケ ナオキ
第1著者 所属(和/英) NTT (略称: NTT)
NTT (略称: NTT)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 加藤 能史 / Yoshifumi Kato / カトウ ヨシフミ
第2著者 所属(和/英) NTT (略称: NTT)
NTT (略称: NTT)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 大谷 未稚 / Miwaka Ohtani / オオタニ ミワカ
第3著者 所属(和/英) NTT (略称: NTT)
NTT (略称: NTT)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 斎藤 清隆 / Kiyotaka Saito / サイトウ キヨタカ
第4著者 所属(和/英) NTT (略称: NTT)
NTT (略称: NTT)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 近藤 悟 / Satoshi Kondo / コンドウ サトシ
第5著者 所属(和/英) NTT (略称: NTT)
NTT (略称: NTT)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) 三好 優 / Yu Miyoshi / ミヨシ ユウ
第6著者 所属(和/英) NTT (略称: NTT)
NTT (略称: NTT)
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2021-05-14 13:45:00 
発表時間 25 
申込先研究会 ICM 
資料番号 IEICE-ICM2021-6 
巻番号(vol) IEICE-121 
号番号(no) no.13 
ページ範囲 pp.29-34 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-ICM-2021-05-06 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会