お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2021-03-19 15:45
在宅高齢者を支援する個人適応型スピーカーサービスの提案
明石拓弥佐伯幸郎中村匡秀神戸大)・安田 清阪工大SC2020-41
抄録 (和) 本研究では,認知機能に不安がある高齢者や認知症当事者を対象として,本人の在宅生活に適応する形で,必要な情報を提示する支援技術の実現を目的とする.これを達成するために,宅内の様々な場所と時間に応じて,適切な情報を提示するシステムALPS(Assisted Living by Personalized Speaker)を提案する.ALPSは,人感センサ付きのIoTスピーカーを宅内の要所に設置し,クラウド上のECA(Event-Condition-Action)ルールと連携することで,場所と時間に応じた情報を音声で提供する.提案するALPSのプロトタイプを実装し,二名の高齢者を想定したケーススタディを行った.その結果,それぞれの困りごとに合わせたECAルールを定義することで,個人の生活スタイルに合わせた情報提示が出来ることが分かった. 
(英) In this study, we aim to realize an assistive technology that can present necessary information to elderly people with cognitive concerns or dementia in a way that is adaptable to their home life. To achieve this goal, we propose ALPS (Assisted Living by Personalized Speaker), a system that presents appropriate information according to various locations and times in the home. We installs IoT speakers with motion sensors at key locations in the home, and by linking them to ECA(Event-Condition-Action) rules in the cloud, ALPS provides information based on location and time in voice. We implemented a prototype of the proposed ALPS and conducted a case study of two elderly people. As a result, it was found that by defining ECA rules for each problem, the system can present information according to the individual's lifestyle.
キーワード (和) 在宅介護 / コンテキストアウェアサービス / IoT / 音声情報提示 / 音声情報提示 / ECAルール / 人感センサ /  
(英) Home Care / Context Aware Service / IoT / Audio Information Presentation / ECA Rule / Motion Sensors / /  
文献情報 信学技報, vol. 120, no. 434, SC2020-41, pp. 49-54, 2021年3月.
資料番号 SC2020-41 
発行日 2021-03-12 (SC) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード SC2020-41

研究会情報
研究会 SC  
開催期間 2021-03-19 - 2021-03-19 
開催地(和) オンライン開催 
開催地(英) Online 
テーマ(和) サイバーフィジカルシステムを支えるサービスコンピューティング技術および一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 SC 
会議コード 2021-03-SC 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 在宅高齢者を支援する個人適応型スピーカーサービスの提案 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Proposal for a personalized adaptive speaker service to support the elderly at home 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 在宅介護 / Home Care  
キーワード(2)(和/英) コンテキストアウェアサービス / Context Aware Service  
キーワード(3)(和/英) IoT / IoT  
キーワード(4)(和/英) 音声情報提示 / Audio Information Presentation  
キーワード(5)(和/英) 音声情報提示 / ECA Rule  
キーワード(6)(和/英) ECAルール / Motion Sensors  
キーワード(7)(和/英) 人感センサ /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 明石 拓弥 / Takumi Akashi / アカシ タクミ
第1著者 所属(和/英) 神戸大学 (略称: 神戸大)
Kobe University (略称: Kobe Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 佐伯 幸郎 / Sachio Saiki / サイキ サチオ
第2著者 所属(和/英) 神戸大学 (略称: 神戸大)
Kobe University (略称: Kobe Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 中村 匡秀 / Masahide Nakamura / ナカムラ マサヒデ
第3著者 所属(和/英) 神戸大学 (略称: 神戸大)
Kobe University (略称: Kobe Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 安田 清 / Kiyoshi Yasuda /
第4著者 所属(和/英) 大阪工業大学 (略称: 阪工大)
Osaka Institute of Technology (略称: OIT)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2021-03-19 15:45:00 
発表時間 30 
申込先研究会 SC 
資料番号 IEICE-SC2020-41 
巻番号(vol) IEICE-120 
号番号(no) no.434 
ページ範囲 pp.49-54 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-SC-2021-03-12 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会