お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2021-03-19 16:15
在宅高齢者を対象とした困り事・対処法共有サービスの実装
雲丹亀和希佐伯幸郎中村匡秀神戸大)・安田 清阪工大SC2020-42
抄録 (和) 在宅高齢者の自助や互助を支援するため,我々の研究グループでは,在宅高齢者を対象とした困り事・対処法共有サービスCompass4SL(Community-based Problem and Solution Sharing Service for Senior Living)の研究開発を進めている.しかしながら,現状のCompass4SLはPoC(Proof of Concept)用のプロトタイプであり,在宅高齢者が実際に使用できる状態になっていない.
そこで本研究では,Compass4SLのシステム化を行うことを目的とし,以下の手順に従ってシステムを設計・実装する.まず,Compass4SLに必要なユースケースやエンティティを洗い出し,全体のシステム構成をレイヤード・アーキテクチャで設計する.次に,得られた設計に基づき,Compass4SLをJavaおよびSpring Bootフレームワークを活用した,Webアプリケーションとして実装する. 
(英) In order to support self-help and mutual-help of the elderly at home, our research group has been working on developing Compass4SL (Community-based Problem and Solution Sharing Service for Senior Living), a problem and solution sharing service for the elderly at home. However, the elderly cannot use the service because the current service is a prototype for PoC (Proof of Concept).
Therefore, this research aims systemizing Compass4SL. We design and implement the system according to the following steps. First, we find the use cases and entities. Then, we design the whole system structure as a layered architecture. Finally, we implement the system as a web application based on obtained design using Java and Spring Boot framework.
キーワード (和) Compass4SL / Webアプリケーション / ユースケース / ドメインモデリング / レイヤード・アーキテクチャ / / /  
(英) Compass4SL / Web Application / Use Case / Domain Modeling / Layered Architecture / / /  
文献情報 信学技報, vol. 120, no. 434, SC2020-42, pp. 55-61, 2021年3月.
資料番号 SC2020-42 
発行日 2021-03-12 (SC) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード SC2020-42

研究会情報
研究会 SC  
開催期間 2021-03-19 - 2021-03-19 
開催地(和) オンライン開催 
開催地(英) Online 
テーマ(和) サイバーフィジカルシステムを支えるサービスコンピューティング技術および一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 SC 
会議コード 2021-03-SC 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 在宅高齢者を対象とした困り事・対処法共有サービスの実装 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Implementation of Problem and Solution Sharing Service for the Elderly at Home 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) Compass4SL / Compass4SL  
キーワード(2)(和/英) Webアプリケーション / Web Application  
キーワード(3)(和/英) ユースケース / Use Case  
キーワード(4)(和/英) ドメインモデリング / Domain Modeling  
キーワード(5)(和/英) レイヤード・アーキテクチャ / Layered Architecture  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 雲丹亀 和希 / Kazuki Unigame / ウニガメ カズキ
第1著者 所属(和/英) 神戸大学 (略称: 神戸大)
Kobe University (略称: Kobe Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 佐伯 幸郎 / Sachio Saiki / サイキ サチオ
第2著者 所属(和/英) 神戸大学 (略称: 神戸大)
Kobe University (略称: Kobe Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 中村 匡秀 / Masahide Nakamura / ナカムラ マサヒデ
第3著者 所属(和/英) 神戸大学 (略称: 神戸大)
Kobe University (略称: Kobe Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 安田 清 / Kiyoshi Yasuda / ヤスダ キヨシ
第4著者 所属(和/英) 大阪工業大学 (略称: 阪工大)
Osaka Institute of Technology (略称: OIT)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2021-03-19 16:15:00 
発表時間 30 
申込先研究会 SC 
資料番号 IEICE-SC2020-42 
巻番号(vol) IEICE-120 
号番号(no) no.434 
ページ範囲 pp.55-61 
ページ数 IEICE-7 
発行日 IEICE-SC-2021-03-12 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会