お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2021-03-15 11:35
Wi-Fiパケットを利用した人流センシング方式の検討
豊味諒磨藤野雄亮尾崎敦夫阪工大MSS2020-45
抄録 (和) 近年、新型コロナウイルスの流行により、イベントの中止や規模縮小、商業施設の営業時間短縮や自粛が相次いでいる。イベントや商業施設の運営者は、混雑場所が自明である場合は、その場所での混雑抑制対策を比較的容易に講じることができるが、混雑場所が動的に変化する場合は、その場所の早期発見・対処は困難である。本稿では、来場者が保持するWi-Fi端末より発せられるWi-Fi probe packetを検知することで、対象空間内の人数分布をリアルタイムに取得し、流動傾向の把握や混雑の発生予測を行う手法を提案した。さらに、Wi-Fi端末固有のMACアドレスが変化(匿名化)した場合でも、流動傾向を把握する手法の検討も行った。また、提案手法の実地検証計画やその評価方法などについても説明した。 
(英) In recent years, due to the outbreak of the new coronavirus, there has been a series of cancellations and reductions in the scale of events, as well as shortened business hours and self-restraint at commercial facilities. The managers of events and commercial facilities can relatively easily take measures to control congestion at obvious locations, but it is difficult to detect congested locations at an early stage when they change dynamically, and to cope to them. In this paper, we proposed a method to obtain the distribution of the number of people in the target space in real time by detecting Wi-Fi probe packets emitted from Wi-Fi terminals held by visitors, and to understand the flow trend and predict the occurrence of congestion. We also studied a method to understand the flow trend even when the MAC address of the Wi-Fi terminal changes (anonymization). In addition, we explained the field verification plan of the proposed method and its evaluation method.
キーワード (和) 人流 / センシング / Wi-Fi / Probe Request / パケットセンサ / MACアドレスランダム化 / /  
(英) Flow of the person / Sensing / Wi-Fi / Probe Request / Packet sensor / MAC address randomization / /  
文献情報 信学技報, vol. 120, no. 429, MSS2020-45, pp. 10-13, 2021年3月.
資料番号 MSS2020-45 
発行日 2021-03-08 (MSS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード MSS2020-45

研究会情報
研究会 NLP MSS  
開催期間 2021-03-15 - 2021-03-16 
開催地(和) オンライン開催 
開催地(英) Online 
テーマ(和) MSS,NLP,一般,およびWIP(MSSのみ) 
テーマ(英) MSS, NLP, Work In Progress (MSS only), and etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 MSS 
会議コード 2021-03-NLP-MSS 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) Wi-Fiパケットを利用した人流センシング方式の検討 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) A Study of Human Flow Sensing Method Using Wi-Fi Packets 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 人流 / Flow of the person  
キーワード(2)(和/英) センシング / Sensing  
キーワード(3)(和/英) Wi-Fi / Wi-Fi  
キーワード(4)(和/英) Probe Request / Probe Request  
キーワード(5)(和/英) パケットセンサ / Packet sensor  
キーワード(6)(和/英) MACアドレスランダム化 / MAC address randomization  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 豊味 諒磨 / Ryoma Toyomi / トヨミ リョウマ
第1著者 所属(和/英) 大阪工業大学 (略称: 阪工大)
Osaka Institute of Technology (略称: OIT)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 藤野 雄亮 / Yusuke Fujino / フジノ ユウスケ
第2著者 所属(和/英) 大阪工業大学 (略称: 阪工大)
Osaka Institute of Technology (略称: OIT)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 尾崎 敦夫 / Atsuo Ozaki / オザキ アツオ
第3著者 所属(和/英) 大阪工業大学 (略称: 阪工大)
Osaka Institute of Technology (略称: OIT)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2021-03-15 11:35:00 
発表時間 25 
申込先研究会 MSS 
資料番号 IEICE-MSS2020-45 
巻番号(vol) IEICE-120 
号番号(no) no.429 
ページ範囲 pp.10-13 
ページ数 IEICE-4 
発行日 IEICE-MSS-2021-03-08 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会