電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2021-03-14 14:25
VLS-BERT:視覚・言語・主観的感覚からの終助詞の意味獲得
松島 茜岡 夏樹深田 智京都工繊大)・吉村優子金沢大)・川原功司名古屋外国語大TL2020-20
抄録 (和) 発語内行為(Austin 1962) のレベルでの発話の意味(質問,要求,あいさつ等)を理解することは,意図共有の第一歩であり,その識別には機能語が有用である.我々は,自動的な処理と意識的な処理を統合したモデルを構築することにより,機能語(その中でも特に終助詞)の獲得メカニズムを構成的に理解することを目指している.本研究では終助詞の獲得段階にある子どもの発達モデルの一部(自動的な処理の一部)となるであろう,self-attention による視覚・言語・主観的感覚の関連付けを行うモデル(VLS-BERT) を提案する.シミュレーションの結果,このモデルを通して言語情報を視覚情報や主観的感覚に関連付けできることが確認できた.さらに,終助詞の「よ」を含む発話内の言語情報は次時刻の視覚情報や主観的感覚とより強く関連付けされ,終助詞の「ね」を含む発話内の言語情報は同時刻の視覚情報や主観的感覚とより強く関連付けされることも確認できた.具体例を挙げると「りんごだよ」は次時刻(そう言われてりんごの方を見たとき)の視覚情報と関連付けされ,「りんごだね」は発話時点の視覚情報と関連付けされた.この結果は,VLS-BERT にて終助詞の意味が暗黙的に獲得できたことを示す. 
(英) Understanding utterance meanings at the illocutionary force level (Austin 1962), such as question, request, greeting, is the first step in sharing intentions, and function words help us identify them. We aim to constructively grasp the acquisition mechanism of function words, especially sentence-final particles in Japanese, by constructing a model that integrates both automatic and conscious processings. In this study, we propose a model that associates vision, language, and subjective feelings by self-attention (VLS-BERT), which is a part of the developmental model of children’s automatic processing at the
stage of acquiring sentence-final particles. Our simulation results showed that the model could associate linguistic information with visual information and/or subjective feelings. Furthermore, the result proved that the linguistic information of each of the utterances with the sentence-final particle yo was more strongly associated with the visual information and/or subjective feelings immediately after the time of the utterance, and that the linguistic information of each of the utterances with the sentence-final particle ne was more strongly associated with the visual information and/or subjective feelings at the time of the utterance. To give a specific example, Ringo da yo ‘I want to inform you that here is an apple’ was associated with the visual information at the next time of the utterance (i.e. the information obtained from looking at the apple, and Ringo da ne ‘I want to share the feeling that we are both looking at the apple’ was associated with the visual information at the time of the utterance. This result indicates that VLS-BERT implicitly acquired the meanings of the two different sentence-final particles.
キーワード (和) 言語獲得 / BERT / self-attention / 終助詞 / / / /  
(英) language acquisition / BERT / self-attention / sentence-final particles / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 120, no. 427, TL2020-20, pp. 12-17, 2021年3月.
資料番号 TL2020-20 
発行日 2021-03-07 (TL) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード TL2020-20

研究会情報
研究会 TL  
開催期間 2021-03-14 - 2021-03-14 
開催地(和) オンライン開催 
開催地(英) Online 
テーマ(和) テーマ(1):言語と学習・言語の学習 テーマ(2):意味の創発・場の共創・創発とイノベーション テーマ(3):言語環境と言語資源 
テーマ(英) Theme 1 : Language and Learning, Learning Language, Theme 2: Abduction of meaning, "Ba" in Co-Creation, Abduction and Innovation, Theme 3: Language Environments and Language Resources 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 TL 
会議コード 2021-03-TL 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) VLS-BERT:視覚・言語・主観的感覚からの終助詞の意味獲得 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) VLS-BERT: Meaning Acquisition of Sentence-Final Particles from Vision, Language and Subjective Feelings 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 言語獲得 / language acquisition  
キーワード(2)(和/英) BERT / BERT  
キーワード(3)(和/英) self-attention / self-attention  
キーワード(4)(和/英) 終助詞 / sentence-final particles  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 松島 茜 / Akane Matsushima / マツシマ アカネ
第1著者 所属(和/英) 京都工芸繊維大学 (略称: 京都工繊大)
Kyoto Institute of Technology (略称: KIT)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 岡 夏樹 / Natsuki Oka / オカ ナツキ
第2著者 所属(和/英) 京都工芸繊維大学 (略称: 京都工繊大)
Kyoto Institute of Technology (略称: KIT)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 深田 智 / Chie Fukada / チエ フカダ
第3著者 所属(和/英) 京都工芸繊維大学 (略称: 京都工繊大)
Kyoto Institute of Technology (略称: KIT)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 吉村 優子 / Yuko Yoshimura / ヨシムラ ユウコ
第4著者 所属(和/英) 金沢大学 (略称: 金沢大)
Kanazawa University (略称: Kanazawa Univ.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 川原 功司 / Koji Kawahara / カワハラ コウジ
第5著者 所属(和/英) 名古屋外国語大学 (略称: 名古屋外国語大)
Nagoya University of Foreign Studies (略称: NUFS)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2021-03-14 14:25:00 
発表時間 30 
申込先研究会 TL 
資料番号 IEICE-TL2020-20 
巻番号(vol) IEICE-120 
号番号(no) no.427 
ページ範囲 pp.12-17 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-TL-2021-03-07 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会