お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2021-03-06 15:10
BERTを利用したソフトウェア故障報告の深刻度予測 ~ 大規模基幹システムを対象とした事例研究 ~
山田知熙中谷多哉子放送大KBSE2020-47
抄録 (和) 本論文の目的は、大規模基幹システムの開発プロセスで出現した故障情報について、BERTを利用した分類モデルにより、深刻度による故障情報の自動トリアージを実施することである。故障情報の深刻度分類は、ソフトウェア開発における有識者依存タスクのひとつであり、自動化が可能であればソフトウェアの質の向上やコスト削減につながる。故障情報の自動トリアージに関する先行研究では、オープンソースソフトウェアを対象とする、英語による膨大な(10万件を超える)件数の故障情報を前提としていた.本研究では、日本語による相対的に小規模な(1万件程度の)故障情報のデータセットを基に、メタ情報ではなく故障の説明文に基づいて、BERTによるトリアージモデルを作成した。これによって、BERTに基づくモデルを採用することで、大規模データセットを前提とする先行研究とおおよそ同等の正解率でトリアージが可能であることを示すことができた。 
(英) This paper aims to automatically assess the severity of software bug reports issued from a large-scale enterprise system construction using BERT. Automatic assessment of bug severity improves the quality of software as well as reduces the cost of development. The targeted bug reports are relatively small (around 10000) and written in Japanese, though the major preceding studies conducted the similar classification on the massive sets (>100000) of bug reports in English from open source software. In addition, unlike preceding studies that commonly used meta-data of bugs as explanatory variables, the proposed classification model is simply based on the bug description text. The result shows that the accuracy of the BERT-based model is as high as the preceding studies, though the size of data is far smaller.
キーワード (和) BERT / バグトリアージ / 深刻度予測 / ソフトウェア開発 / 大規模基幹システム / / /  
(英) BERT / Bug Triage / Severity Prediction / Software Development / arge-scale Enterprise System / L / /  
文献情報 信学技報, vol. 120, no. 423, KBSE2020-47, pp. 77-82, 2021年3月.
資料番号 KBSE2020-47 
発行日 2021-02-26 (KBSE) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード KBSE2020-47

研究会情報
研究会 KBSE  
開催期間 2021-03-05 - 2021-03-06 
開催地(和) オンライン開催 
開催地(英) Online 
テーマ(和) 一般,学生 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 KBSE 
会議コード 2021-03-KBSE 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) BERTを利用したソフトウェア故障報告の深刻度予測 
サブタイトル(和) 大規模基幹システムを対象とした事例研究 
タイトル(英) Software Bug Severity Prediction with BERT 
サブタイトル(英) Case Study on a Large-scale Enterprise System 
キーワード(1)(和/英) BERT / BERT  
キーワード(2)(和/英) バグトリアージ / Bug Triage  
キーワード(3)(和/英) 深刻度予測 / Severity Prediction  
キーワード(4)(和/英) ソフトウェア開発 / Software Development  
キーワード(5)(和/英) 大規模基幹システム / arge-scale Enterprise System  
キーワード(6)(和/英) / L  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 山田 知熙 / Tomoki Yamada / ヤマダ トモキ
第1著者 所属(和/英) 放送大学 (略称: 放送大)
Open University of Japan (略称: OUJ)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 中谷 多哉子 / Takako Nakatani / ナカタニ タカコ
第2著者 所属(和/英) 放送大学 (略称: 放送大)
Open University of Japan (略称: OUJ)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2021-03-06 15:10:00 
発表時間 45 
申込先研究会 KBSE 
資料番号 IEICE-KBSE2020-47 
巻番号(vol) IEICE-120 
号番号(no) no.423 
ページ範囲 pp.77-82 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-KBSE-2021-02-26 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会