お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2021-03-06 11:05
試験問題の自動採点が行えるプログラミング言語の検討
田辺良則鶴見大)・萩谷昌己東大KBSE2020-42
抄録 (和) 多人数が受験する試験でプログラミングの問題を出題する時,
自動採点が行えると便利である.
入力とその正解を多数用意して,
提出されたプログラムがこれらの入力に対して正解を出力するか
調べる方法では,
正しくないプログラムを正しいと誤判定する可能性がある.
本研究では,Presburger算術の充足可能性判定を利用して,
答案のプログラムの正しさを自動的に判定できるような
プログラミング言語を提案する.実際に作成したいくつかの試験問題について,
解答の自動採点が可能であることを確認した. 
(英) Automatic scoring is a desirable feature when conducting
programming examinations that many people take.
By preparing a large number of inputs and corresponding outputs
and checking whether the submitted program generates expected
results, incorrect programs can be mistakenly judged as correct.
In this study, we propose a programming language and a method that
can automatically judge the correctness of the answer program by
using the satisfiability judgment of Presburger arithmetic. It was
confirmed that an implementation of the method effectively grades
the answers.
キーワード (和) プログラミング / 自動採点 / 試験 / プログラミング言語 / SMTソルバ / Presburger算術 / /  
(英) programming / automatic scoring / examination / programming language / SMT solver / Presburger arithmetic / /  
文献情報 信学技報, vol. 120, no. 423, KBSE2020-42, pp. 48-53, 2021年3月.
資料番号 KBSE2020-42 
発行日 2021-02-26 (KBSE) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード KBSE2020-42

研究会情報
研究会 KBSE  
開催期間 2021-03-05 - 2021-03-06 
開催地(和) オンライン開催 
開催地(英) Online 
テーマ(和) 一般,学生 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 KBSE 
会議コード 2021-03-KBSE 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 試験問題の自動採点が行えるプログラミング言語の検討 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Examining programming languages that enable automatic scoring 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) プログラミング / programming  
キーワード(2)(和/英) 自動採点 / automatic scoring  
キーワード(3)(和/英) 試験 / examination  
キーワード(4)(和/英) プログラミング言語 / programming language  
キーワード(5)(和/英) SMTソルバ / SMT solver  
キーワード(6)(和/英) Presburger算術 / Presburger arithmetic  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 田辺 良則 / Yoshinori Tanabe / タナベ ヨシノリ
第1著者 所属(和/英) 鶴見大学 (略称: 鶴見大)
Tsurumi University (略称: Tsurumi Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 萩谷 昌己 / Masami Hagiya / ハギヤ マサミ
第2著者 所属(和/英) 東京大学 (略称: 東大)
University of Tokyo (略称: Univ. of Tokyo)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2021-03-06 11:05:00 
発表時間 45 
申込先研究会 KBSE 
資料番号 IEICE-KBSE2020-42 
巻番号(vol) IEICE-120 
号番号(no) no.423 
ページ範囲 pp.48-53 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-KBSE-2021-02-26 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会