お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2022年6月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2021-03-05 17:20
[奨励講演]マルチパス分離に基づく広帯域FDDシステムの下り回線チャネル推定に関する研究
登坂紫織西村寿彦大鐘武雄小川恭孝萩原淳一郎佐藤孝憲北大RCS2020-261
抄録 (和) FDDシステムにおいては,下り回線のパイロット信号によって得られたチャネル情報を端末から基地局にフィードバックすることで下り回線チャネルを推定する手法が一般的である.
しかし,このような推定法は大規模MIMOのような多くのアンテナ素子を用いるとき伝送効率の低下が問題となる.
そこで,上り回線パイロット信号に関して,遅延領域と空間領域で信号検出を行う2次元FISTAを用いたマルチパス分離を行い,得られたマルチパスの遅延と到来方向,および,基地局の1個のアンテナからパイロット信号を送信して求められる下り回線チャネル情報を基にして全ての基地局アンテナについての下り回線チャネルの推定を行う手法を提案する.
本稿では,SIMO-OFDM系において現実に近いマルチパス環境を想定して提案手法のシミュレーションを行った.
その結果,使用する帯域幅等によって精度は異なるものの,下り回線チャネル推定が可能であることが明らかになった. 
(英) In an FDD system, downlink channel state information (CSI) is necessary at a base station for efficient transmission.
The CSI estimated at user equipment using downlink pilot symbols is fed back to the base station.
However, this method reduces transmission efficiency in a massive MIMO system.
In this paper, we propose a method to estimate downlink CSI at a base station using an uplink pilot symbol and downlink CSI obtained with a pilot symbol from a single base station antenna.
We separate uplink multipaths in the delay domain and spatial domain using 2D FISTA.
Using the delays, directions of arrival, and the measured downlink CSI, we obtain the downlink CSI for all the base station antennas.
It has been shown that although the estimation performance in a SIMO-OFDM system depends on the bandwidth, we can estimate the downlink CSI with the proposed technique.
キーワード (和) FDD / マルチパス分離 / 下り回線チャネル推定 / FISTA / / / /  
(英) FDD / multipath separation / downlink channel estimation / FISTA / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 120, no. 404, RCS2020-261, pp. 267-272, 2021年3月.
資料番号 RCS2020-261 
発行日 2021-02-24 (RCS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード RCS2020-261

研究会情報
研究会 RCS SR SRW  
開催期間 2021-03-03 - 2021-03-05 
開催地(和) オンライン開催 
開催地(英) Online 
テーマ(和) 移動通信ワークショップ 
テーマ(英) Mobile Communication Workshop 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 RCS 
会議コード 2021-03-RCS-SR-SRW 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) マルチパス分離に基づく広帯域FDDシステムの下り回線チャネル推定に関する研究 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) A Study on Downlink Channel Estimation Based on Multipath Separation in a Wideband FDD System 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) FDD / FDD  
キーワード(2)(和/英) マルチパス分離 / multipath separation  
キーワード(3)(和/英) 下り回線チャネル推定 / downlink channel estimation  
キーワード(4)(和/英) FISTA / FISTA  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 登坂 紫織 / Shiori Tosaka / トサカ シオリ
第1著者 所属(和/英) 北海道大学 (略称: 北大)
Hokkaido University (略称: Hokkaido Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 西村 寿彦 / Toshihiko Nishimura / ニシムラ トシヒコ
第2著者 所属(和/英) 北海道大学 (略称: 北大)
Hokkaido University (略称: Hokkaido Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 大鐘 武雄 / Takeo Ohgane / オオガネ タケオ
第3著者 所属(和/英) 北海道大学 (略称: 北大)
Hokkaido University (略称: Hokkaido Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 小川 恭孝 / Yasutaka Ogawa / オガワ ヤスタカ
第4著者 所属(和/英) 北海道大学 (略称: 北大)
Hokkaido University (略称: Hokkaido Univ.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 萩原 淳一郎 / Junichiro Hagiwara / ハギワラ ジュンイチロウ
第5著者 所属(和/英) 北海道大学 (略称: 北大)
Hokkaido University (略称: Hokkaido Univ.)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) 佐藤 孝憲 / Takanori Sato / サトウ タカノリ
第6著者 所属(和/英) 北海道大学 (略称: 北大)
Hokkaido University (略称: Hokkaido Univ.)
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2021-03-05 17:20:00 
発表時間 25 
申込先研究会 RCS 
資料番号 IEICE-RCS2020-261 
巻番号(vol) IEICE-120 
号番号(no) no.404 
ページ範囲 pp.267-272 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-RCS-2021-02-24 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会