お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2021-03-05 17:20
[依頼講演]ミリ波マルチホップアナログ中継シングルユーザMIMOに関する検討
米田拓海阪口 啓東工大)・岩渕匡史村上友規NTTSRW2020-83
抄録 (和) ミリ波通信は超高速大容量・超低遅延の無線通信を実現するためのキーテクノロジーであり,ミリ波を活用したセルラネットワークや自動車・バスなどの移動体向けバックホールなど様々なユースケースへの応用が期待されている.ミリ波帯では,従来の4G/LTEなどのマイクロ波帯の通信システムと比較して,広帯域な周波数帯を利用することで大容量通信の実現が可能である一方で,回折損失や伝搬損失が大きく,見通し外環境のユーザに対して大容量通信を実現することが困難である.この課題を解決するために,多数のアナログ中継局を用いて見通し外のミリ波通信を可能にするミリ波マッシブリレーMIMOを提案している.提案システムでは送信信号は多数のアナログ中継局によって中継され,見通し外環境下でも人工的なMIMOチャネルを形成する.本稿では,マッシブリレーMIMOシステムにマルチホップリレーの機能を拡張し,数値解析シミュレーションによりその有効性を確認する. 
(英) Millimeter-wave (mmWave) communication is a key technology to realize ultra-high data-rate and ultra-low latency wireless communications. It is expected to be applied to various use cases such as mmWave cellular networks and vehicular networks. Compared with conventional communication systems in micro-wave band such as 4G/LTE, the mmWave communication employs higher frequency band which allows a wider bandwidth and is suitable for large capacity communications. Due to the strong diffraction loss and the path loss in mmWave band, it is difficult or even impossible to achieve high channel capacity for user equipments (UEs) located in Non-Line-Of-Sight (NLOS) environments. To solve the problem, mmWave massive relay MIMO has been proposed, which enables the NLOS mmWave communications by using a massive number of analog relay stations (RSs). The transmission signals are relayed at massive RSs to form an artificial MIMO channel even in NLOS environments. In this paper, we extend the massive relay MIMO system to include multi-hop relays. Simulation experiments are conducted, and the numerical results show that the proposed system achieves extremely high data-rate.
キーワード (和) 5G / ミリ波 / マルチホップ / アナログ中継 / Massive MIMO / / /  
(英) 5G / mmWave / Multi-hop / Analog Relay / Massive MIMO / / /  
文献情報 信学技報, vol. 120, no. 406, SRW2020-83, pp. 110-115, 2021年3月.
資料番号 SRW2020-83 
発行日 2021-02-24 (SRW) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード SRW2020-83

研究会情報
研究会 RCS SR SRW  
開催期間 2021-03-03 - 2021-03-05 
開催地(和) オンライン開催 
開催地(英) Online 
テーマ(和) 移動通信ワークショップ 
テーマ(英) Mobile Communication Workshop 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 SRW 
会議コード 2021-03-RCS-SR-SRW 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) ミリ波マルチホップアナログ中継シングルユーザMIMOに関する検討 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) A Study on mmWave Multi-hop Analog Relay Single-User MIMO 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 5G / 5G  
キーワード(2)(和/英) ミリ波 / mmWave  
キーワード(3)(和/英) マルチホップ / Multi-hop  
キーワード(4)(和/英) アナログ中継 / Analog Relay  
キーワード(5)(和/英) Massive MIMO / Massive MIMO  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 米田 拓海 / Takumi Yoneda / ヨネダ タクミ
第1著者 所属(和/英) 東京工業大学 (略称: 東工大)
Tokyo Institute of Technology (略称: Tokyo Tech)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 阪口 啓 / Kei Sakaguchi / サカグチ ケイ
第2著者 所属(和/英) 東京工業大学 (略称: 東工大)
Tokyo Institute of Technology (略称: Tokyo Tech)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 岩渕 匡史 / Masashi Iwabuchi / イワブチ マサシ
第3著者 所属(和/英) 日本電信電話株式会社 (略称: NTT)
NTT Corporation (略称: NTT)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 村上 友規 / Tomoki Murakami / ムラカミ トモキ
第4著者 所属(和/英) 日本電信電話株式会社 (略称: NTT)
NTT Corporation (略称: NTT)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2021-03-05 17:20:00 
発表時間 25 
申込先研究会 SRW 
資料番号 IEICE-SRW2020-83 
巻番号(vol) IEICE-120 
号番号(no) no.406 
ページ範囲 pp.110-115 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-SRW-2021-02-24 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会