お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2021-03-05 11:00
IEEE802.11adを用いた車載無線通信におけるビームフォーミングと車体素材の通信品質への影響
塩原拓海名大)・西尾理志東工大)・村瀬 勉名大IN2020-79
抄録 (和) 本研究では、車載ワイヤレスハーネスの実現のために、IEEE802.11ad(以下、802.11ad)を用いた車載無線LAN通信において、802.11adのビームフォーミングと車体素材による干渉量の変動が通信品質に与える影響を評価する。評価に当たっては、ビームフォーミングと車体素材により干渉量が大きくなると、再送回数とバックオフ時間とで決まる通信遅延が大きくなることに着目した。ビームフォーミングを利用することで特定範囲の電波強度が強くなるため、他車内の通信機器のビームフォーミングが自車に向いている場合、干渉強度が強くなり通信品質が低下する。また、車体素材がFRPになると、金属車体素材と比較して電波をよく透過させるため、車外に与える、及び受ける干渉電波の影響が大きくなり通信品質が低下する。これら干渉変動の要因が通信品質に与える影響を把握するために、自車の周囲に自動車が密集し干渉を与えるというモデルを用いて性能評価を行った。 
(英) The effect of interference on in-vehicle wireless LAN communication with IEEE 802.11ad (hereinafter 802.11ad) for in-vehicle wireless harness is investigated in communication quality. Two cases of interferences regarding both with beamforming signal strength and with penetration intensity of vehicle body materials from surrounded vehicles are considered in the evaluation. This is because communication delay, which is determined by the number of retransmissions and backoff time, increases when the amount of such interference increases. Beamforming strengthens radio wave in a specific direction which an antenna is facing. Therefore, if beams from out of vehicle face own vehicle, interference strength is strong and communication quality decreases. FRP (Fiber Reinforced Plastics), which is recently using for a vehicle body, can penetrate the radio wave more than metal. In order to understand the impact of these factors of interference variation on communication quality, we evaluated communication quality using a model in which vehicles are densely put and cause severe interference.
キーワード (和) IEEE802.11ad / ワイヤレスハーネス / 車載通信 / ビームフォーミング / 干渉 / 遅延 / /  
(英) IEEE802.11ad / Wireless Harness / In-Vehicle Communication / Beamforming / Interference / Delay / /  
文献情報 信学技報, vol. 120, no. 414, IN2020-79, pp. 150-155, 2021年3月.
資料番号 IN2020-79 
発行日 2021-02-25 (IN) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード IN2020-79

研究会情報
研究会 IN NS  
開催期間 2021-03-04 - 2021-03-05 
開催地(和) オンライン開催 
開催地(英) Online 
テーマ(和) 一般 
テーマ(英) General 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 IN 
会議コード 2021-03-IN-NS 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) IEEE802.11adを用いた車載無線通信におけるビームフォーミングと車体素材の通信品質への影響 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Effect of Beamforming and Vehicle Material on Communication Quality in In-Vehicle Wireless Communication with IEEE802.11ad 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) IEEE802.11ad / IEEE802.11ad  
キーワード(2)(和/英) ワイヤレスハーネス / Wireless Harness  
キーワード(3)(和/英) 車載通信 / In-Vehicle Communication  
キーワード(4)(和/英) ビームフォーミング / Beamforming  
キーワード(5)(和/英) 干渉 / Interference  
キーワード(6)(和/英) 遅延 / Delay  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 塩原 拓海 / Takumi Shiohara / シオハラ タクミ
第1著者 所属(和/英) 名古屋大学 (略称: 名大)
Nagoya University (略称: Nagoya Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 西尾 理志 / Takayuki Nishio / ニシオ タカユキ
第2著者 所属(和/英) 東京工業大学 (略称: 東工大)
Tokyo Institute of Technology (略称: Tokyo Tech.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 村瀬 勉 / Tutomu Murase / ムラセ ツトム
第3著者 所属(和/英) 名古屋大学 (略称: 名大)
Nagoya University (略称: Nagoya Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2021-03-05 11:00:00 
発表時間 20 
申込先研究会 IN 
資料番号 IEICE-IN2020-79 
巻番号(vol) IEICE-120 
号番号(no) no.414 
ページ範囲 pp.150-155 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-IN-2021-02-25 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会