お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2021-03-05 09:25
グラフ理論に基づく頑健性符号の構成
佐竹翔平熊本大)・顧 玉杰櫻井幸一九大IT2020-144 ISEC2020-74 WBS2020-63
抄録 (和) 頑健性符号 (non-malleable code)は情報通信において攻撃者によるデータ改ざんを防ぐために提案された. この符号は誤り訂正符号や誤り検出符号を緩和した符号である. 最近, RasmussenとSahai (ITC2020)は, エクスパンダ―グラフを用いて, 攻撃者側のsplit-stateモデルに対応する頑健性符号を構成した. 本稿では, この構成の拡張として, 2部的エクスパンダ―グラフを用いた頑健性符号を提案する. また, RasmussenとSahaiによる構成例の符号化コストを削減する符号の例も与える. 
(英) Non-malleable codes protect communications against adversarial tampering of data, which can be seen as a relaxation of error-correcting codes and error-detecting codes. Recently, Rasmussen and Sahai (ITC2020) explicitly constructed non-malleable codes in the split-state model using expander graphs. In this work we extend their construction by means of bipartite expander graphs. In particular, we instantiate our construction based on some specific bipartite graphs, obtaining explicit non-malleable codes which reduce the encoding space cost in comparison with the codes by Rasmussen and Sahai.
キーワード (和) 2部的エクスパンダ―グラフ / 頑健性符号 / グラフ理論 / 情報理論的暗号理論 / / / /  
(英) bipartite expander graph / graph theory / non-malleable code / information-theoretic cryptography / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 120, no. 411, ISEC2020-74, pp. 195-200, 2021年3月.
資料番号 ISEC2020-74 
発行日 2021-02-25 (IT, ISEC, WBS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード IT2020-144 ISEC2020-74 WBS2020-63

研究会情報
研究会 WBS IT ISEC  
開催期間 2021-03-04 - 2021-03-05 
開催地(和) オンライン開催 
開催地(英) Online 
テーマ(和) WBS・IT・ISEC合同研究会 
テーマ(英) Joint Meeting of WBS, IT, and ISEC 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 ISEC 
会議コード 2021-03-WBS-IT-ISEC 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) グラフ理論に基づく頑健性符号の構成 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Construction of non-malleable codes based on graph theory 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 2部的エクスパンダ―グラフ / bipartite expander graph  
キーワード(2)(和/英) 頑健性符号 / graph theory  
キーワード(3)(和/英) グラフ理論 / non-malleable code  
キーワード(4)(和/英) 情報理論的暗号理論 / information-theoretic cryptography  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 佐竹 翔平 / Shohei Satake / サタケ ショウヘイ
第1著者 所属(和/英) 熊本大学 (略称: 熊本大)
Kumamoto University (略称: Kumamoto Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 顧 玉杰 / Yujie Gu /
第2著者 所属(和/英) 九州大学 (略称: 九大)
Kyushu University (略称: Kyushu Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 櫻井 幸一 / Kouichi Sakurai /
第3著者 所属(和/英) 九州大学 (略称: 九大)
Kyushu University (略称: Kyushu Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2021-03-05 09:25:00 
発表時間 25 
申込先研究会 ISEC 
資料番号 IEICE-IT2020-144,IEICE-ISEC2020-74,IEICE-WBS2020-63 
巻番号(vol) IEICE-120 
号番号(no) no.410(IT), no.411(ISEC), no.412(WBS) 
ページ範囲 pp.195-200 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-IT-2021-02-25,IEICE-ISEC-2021-02-25,IEICE-WBS-2021-02-25 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会