お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2021-03-05 09:55
彩度およびコントラスト向上を可能とする可逆画像処理法
杉本祐樹今泉祥子千葉大EMM2020-76
抄録 (和) 本稿では,カラー画像を対象として,可逆性を保証するとともに,彩度およびコントラストの向上を同時に実現する画像処理手法を提案する.従来の研究では,おもに可逆情報埋込み法に基づき,モノクロ画像について,コントラスト強調のみを施す手法が多く提案されている.これに対して,カラー画像に対する可逆なコントラスト強調手法が提案された.しかしながら,この手法では,可逆性が保証されず,原画像を復元できない場合が生じる.一方,提案法は,カラー画像について,HSV 色空間を用いて,コントラストを強調するとともに,彩度の向上も可能とし,さらに,いずれの場合においても可逆性を保証する手法である.シミュレーションにより,提案法では,色相の歪みなく,彩度とコントラストがともに向上できることを確認するとともに,復元処理により原画像が再構成されることを示し,提案法の有用性を示す. 
(英) In this paper, we propose an image processing method for color images to enhance both saturation and contrast with reversibility. Most previous work has investigated reversible contrast enhancement for grayscale images based on data hiding techniques. Meanwhile, a reversible contrast enhancement method for color images was proposed. However, this method cannot fully ensure its reversibility, and thus there exist many cases where the original image is not perfectly retrieved. In contrast, the proposed method improves not only contrast but also saturation by using HSV color space. Additionally, our method guarantees reversibility in any case. We confirm that our proposed method enhances both saturation and contrast without hue distortion and ensures full reversibility.
キーワード (和) コントラスト強調 / 彩度向上 / 可逆性 / 情報埋込み / HSV色空間 / / /  
(英) Contrast enhancement / saturation enhancement / reversibility / data hiding / HSV color space / / /  
文献情報 信学技報, vol. 120, no. 418, EMM2020-76, pp. 52-57, 2021年3月.
資料番号 EMM2020-76 
発行日 2021-02-25 (EMM) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード EMM2020-76

研究会情報
研究会 EMM  
開催期間 2021-03-04 - 2021-03-05 
開催地(和) オンライン開催 
開催地(英) Online 
テーマ(和) 画質・音質評価,知覚・認知メトリクス,人間視聴覚システム,一般 
テーマ(英) Image and Sound Quality, Metrics for Perception and Recognition, Human Auditory and Visual System, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 EMM 
会議コード 2021-03-EMM 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 彩度およびコントラスト向上を可能とする可逆画像処理法 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) A Reversible Image Processing Method for Saturation and Contrast Enhancement 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) コントラスト強調 / Contrast enhancement  
キーワード(2)(和/英) 彩度向上 / saturation enhancement  
キーワード(3)(和/英) 可逆性 / reversibility  
キーワード(4)(和/英) 情報埋込み / data hiding  
キーワード(5)(和/英) HSV色空間 / HSV color space  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 杉本 祐樹 / Yuki Sugimoto / スギモト ユウキ
第1著者 所属(和/英) 千葉大学 (略称: 千葉大)
Chiba University (略称: Chiba Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 今泉 祥子 / Shoko Imaizumi / イマイズミ ショウコ
第2著者 所属(和/英) 千葉大学 (略称: 千葉大)
Chiba University (略称: Chiba Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2021-03-05 09:55:00 
発表時間 25 
申込先研究会 EMM 
資料番号 IEICE-EMM2020-76 
巻番号(vol) IEICE-120 
号番号(no) no.418 
ページ範囲 pp.52-57 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-EMM-2021-02-25 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会