お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2021-03-05 10:05
5G Sub-6の周波数帯におけるSARプローブ較正の不確かさ評価に関する検討
清水悠斗長岡智明石井 望和氣加奈子渡辺聡一NICTEMCJ2020-75
抄録 (和) 2020年よりサービスが開始された第5世代移動無線システム(5G)において,現在はSub-6と呼ばれる3.6~4.9 GHzの周波数帯が主に利用されている.一方で無線機器から放射される電波への人体ばく露に対する防護指針が定められており,これらの無線機器は防護指針への適合性評価を行うことが求められている.携帯電話で主に使用される700 MHz ~ 6 GHzにおいては防護指針値の指標として比吸収率(SAR: Specific Absorption Rate)が用いられている.SAR測定では電界センサであるSARプローブを用いて測定を行うが,測定を行う前にSARプローブでの受信電界と出力電圧の関連付けのためのプローブ較正を行う.また,較正の結果の信頼性担保のためには不確かさ評価を行う必要がある.著者らはこのSAR測定に用いられるSARプローブについて,第4世代移動通信システム(4G)の周波数帯(700 MHz~3.5 GHz)におけるプローブ較正及び較正不確かさの検討を実施している.そこで本報告では新たに5G Sub-6の周波数帯におけるSARプローブ較正の不確かさ評価を実施し,支配的な不確かさ要因ならびに4Gの周波数帯における不確かさ評価結果との比較について報告する. 
(英) Nowadays, the fifth generation wireless mobile system (5G), which was released in 2020, mainly uses a frequency band from 3.6 to 4.9 GHz called sub-6. Wireless devices used near a human body are required to assess human exposure to EMF from those devices. The specific absorption rate (SAR) is used for an assessment of a human exposure to EMF from cellular phones in frequency band form 700 MHz to 6 GHz. The SAR probe which is one of the electric field sensor is used for SAR measurement, but before measurement, probe calibration should be performed to relate the received electric field to the output voltage of the SAR probe. In addition, the uncertainty evaluation is necessary to guarantee the calibration result. We had performed the SAR probe calibration and the uncertainty evaluation in the frequency band from 700 MHz to 3.5 GHz used for fourth generation wireless mobile system (4G). In this study, we evaluated the probe calibration uncertainty in the frequency band of 5G sub-6. Additionally, we found dominant uncertainty sources of the probe calibration and compared the uncertainty budget of 5G sub-6 with that of 4G.
キーワード (和) 人体ばく露評価 / SAR測定 / プローブ較正 / 不確かさ評価 / / / /  
(英) human exposure assessment / SAR measurement / probe calibration / uncertainty evaluation / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 120, no. 420, EMCJ2020-75, pp. 17-21, 2021年3月.
資料番号 EMCJ2020-75 
発行日 2021-02-26 (EMCJ) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード EMCJ2020-75

研究会情報
研究会 EMCJ MICT  
開催期間 2021-03-05 - 2021-03-05 
開催地(和) オンライン開催 
開催地(英) Online 
テーマ(和) 生体,EMC一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 EMCJ 
会議コード 2021-03-EMCJ-MICT 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 5G Sub-6の周波数帯におけるSARプローブ較正の不確かさ評価に関する検討 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) A Study of Uncertainty Evaluations for SAR Probe Calibration in Frequency Band of 5G Sub-6 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 人体ばく露評価 / human exposure assessment  
キーワード(2)(和/英) SAR測定 / SAR measurement  
キーワード(3)(和/英) プローブ較正 / probe calibration  
キーワード(4)(和/英) 不確かさ評価 / uncertainty evaluation  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 清水 悠斗 / Yuto Shimizu / シミズ ユウト
第1著者 所属(和/英) 情報通信研究機構 (略称: NICT)
NICT (略称: NICT)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 長岡 智明 / Tomoaki Nagaoka / ナガオカ トモアキ
第2著者 所属(和/英) 情報通信研究機構 (略称: NICT)
NICT (略称: NICT)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 石井 望 / Nozomu Ishii / イシイ ノゾム
第3著者 所属(和/英) 情報通信研究機構 (略称: NICT)
NICT (略称: NICT)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 和氣 加奈子 / Kanako Wake / ワケ カナコ
第4著者 所属(和/英) 情報通信研究機構 (略称: NICT)
NICT (略称: NICT)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 渡辺 聡一 / Soichi Watanabe / ワタナベ ソウイチ
第5著者 所属(和/英) 情報通信研究機構 (略称: NICT)
NICT (略称: NICT)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2021-03-05 10:05:00 
発表時間 20 
申込先研究会 EMCJ 
資料番号 IEICE-EMCJ2020-75 
巻番号(vol) IEICE-120 
号番号(no) no.420 
ページ範囲 pp.17-21 
ページ数 IEICE-5 
発行日 IEICE-EMCJ-2021-02-26 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会