電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2021-03-04 11:35
[ポスター講演]野球における通信機器を用いたサイン伝達システムの開発
本村真一前川大和石原靖哲南山大RCS2020-241 SR2020-80 SRW2020-70
抄録 (和) 近年スポーツ界における電子通信機器の導入および利活用には目覚ましいものがある.しかし,そうした本来競技の発展や選手の技術の向上のために
使われるべきである機器を勝利のために不正に利用した例もある.2019年には,米大リーグ(MLB)のチームによる機器を用いたサイン盗みが発覚し,大問題となった.MLB機構はこうしたサイン盗みの可能性をなくすためにも,サイン伝達に電子通信機器を用いることを検討している.そこで本研究では,野球のサインを盗まれないための伝達方式が満たすべき基準を検討し,その基準を満たす伝達システムを開発する.実験を行った結果,M5StickCをベースに試作したシステムを用いれば,グラウンド内でのサイン盗みは困難であることを確認した.一方で,通信機器を用いたサイン伝達方式がハンドサインによるサイン伝達よりも時間がかかってしまうという課題も発見した. 
(英) In recent years, the introduction and utilization of electronic communication devices in the sports world has been remarkable. Such devices should be used for the development of sports and the improvement of athletes' skills. However, there are examples of abusing such devices just for victory. In 2019, it was discovered that a team in the MLB had been stealing signs using devices, which became a big scandal. The MLB is considering using electronic communication devices for sign transmission, to eliminate the possibility of such sign-stealing problems. In this research, we discuss and determine the criteria for baseball sign transmission methods that prevent sign stealing, and then, develop a system that satisfies the criteria. We have confirmed by experiment that our prototype system based on M5StickC can prevent sign stealing in the baseball ground. At the same time, we have found that sign exchange using devices takes more time than sign exchange using hands.
キーワード (和) サイン伝達システム / 電子通信機器 / 野球 / M5StickC / / / /  
(英) Sign transmission system / Electronic communication device / Baseball / M5StickC / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 120, no. 406, SRW2020-70, pp. 61-62, 2021年3月.
資料番号 SRW2020-70 
発行日 2021-02-24 (RCS, SR, SRW) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード RCS2020-241 SR2020-80 SRW2020-70

研究会情報
研究会 RCS SR SRW  
開催期間 2021-03-03 - 2021-03-05 
開催地(和) オンライン開催 
開催地(英) Online 
テーマ(和) 移動通信ワークショップ 
テーマ(英) Mobile Communication Workshop 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 SRW 
会議コード 2021-03-RCS-SR-SRW 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 野球における通信機器を用いたサイン伝達システムの開発 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Development of a Baseball Sign Transmission System Using Electronic Communication Devices 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) サイン伝達システム / Sign transmission system  
キーワード(2)(和/英) 電子通信機器 / Electronic communication device  
キーワード(3)(和/英) 野球 / Baseball  
キーワード(4)(和/英) M5StickC / M5StickC  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 本村 真一 / Shinichi Motomura /
第1著者 所属(和/英) 南山大学 (略称: 南山大)
Nanzan University (略称: Nanzan Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 前川 大和 / Yamato Maekawa /
第2著者 所属(和/英) 南山大学 (略称: 南山大)
Nanzan University (略称: Nanzan Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 石原 靖哲 / Yasunori Ishihara /
第3著者 所属(和/英) 南山大学 (略称: 南山大)
Nanzan University (略称: Nanzan Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2021-03-04 11:35:00 
発表時間 40 
申込先研究会 SRW 
資料番号 IEICE-RCS2020-241,IEICE-SR2020-80,IEICE-SRW2020-70 
巻番号(vol) IEICE-120 
号番号(no) no.404(RCS), no.405(SR), no.406(SRW) 
ページ範囲 pp.173-174(RCS), pp.66-67(SR), pp.61-62(SRW) 
ページ数 IEICE-2 
発行日 IEICE-RCS-2021-02-24,IEICE-SR-2021-02-24,IEICE-SRW-2021-02-24 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会