お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2021-03-04 11:40
HANETsにおけるGW自律移動制御による低遅延通信の実現
宮 太地東工大)・大島浩太東京海洋大)・北口善明山岡克式東工大IN2020-65
抄録 (和) 近年,アドホックネットワークは,IoT 分野のみならず,自動車走行支援の ITS や次世代電力網スマート グリッドに代表される CPS など,これからの社会基盤を担うであろう注目株な各技術において積極的な活用が模索さ れており,このようなアプリケーションの多様化の傾向から,異種アドホックネットワーク (HANETs) 間相互接続の 需要は今後の拡大が見込まれる.本研究では,HANETs の応用先の一つである群ロボットシステムにおいて,特に無 線プロトコルの異なる 2 種類のドローン群を,プロトコルトランスレータとして振る舞う少数の GW ドローンで相互 接続する状況を想定し,GW ドローンのみを移動制御可能としたときの,異種クラスタ間通信の遅延最小化手法を提 案する.あわせて,実機実装を視野に入れ,提案アルゴリズムを分散システム上に展開するために必要な L3 プロトコ ルを,HWMP 拡張プロトコルとして具体的に設計する.計算機シミュレーションによる特性解析の結果,提案手法 は新規通信の遅延削減に十分効果的であることを明らかにした. 
(英) In recent years, more and more applications use ad-hoc networks for local area communications, especially in key technologies that are expected to play a vital role in future society, and HANETs (Heterogeneous Ad-hoc Networks) are becoming a hot topic. In this study, we propose a delay minimization method for HANETs composed of drone swarms, assuming 1) every drone moves independently without being aware of inter-connectivity and 2) only protocol translators, which called GWs, are controllable for their movement. We also designed a concrete L3 protocol so that the proposed algorithm can be deployed in a real distributed environment. The proposed protocol is based on HWMP with some modifications to the standard message format. We carried out computer simulation to evaluate the performance and it turned out the method significantly reduces the communication delay.
キーワード (和) アドホックネットワーク / / / / / / /  
(英) ad-hoc network / / / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 120, no. 414, IN2020-65, pp. 67-72, 2021年3月.
資料番号 IN2020-65 
発行日 2021-02-25 (IN) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード IN2020-65

研究会情報
研究会 IN NS  
開催期間 2021-03-04 - 2021-03-05 
開催地(和) オンライン開催 
開催地(英) Online 
テーマ(和) 一般 
テーマ(英) General 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 IN 
会議コード 2021-03-IN-NS 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) HANETsにおけるGW自律移動制御による低遅延通信の実現 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) An Autonomous GW Mobility Management for Low Latency Communications in HANETs 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) アドホックネットワーク / ad-hoc network  
キーワード(2)(和/英) /  
キーワード(3)(和/英) /  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 宮 太地 / Taichi Miya / ミヤ タイチ
第1著者 所属(和/英) 東京工業大学 (略称: 東工大)
Tokyo Institute of Technology (略称: Tokyo Tech)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 大島 浩太 / Kohta Ohshima / オオシマ コウタ
第2著者 所属(和/英) 東京海洋大学 (略称: 東京海洋大)
Tokyo University of Marine Science and Technology (略称: TUMSAT)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 北口 善明 / Yoshiaki Kitaguchi / キタグチ ヨシアキ
第3著者 所属(和/英) 東京工業大学 (略称: 東工大)
Tokyo Institute of Technology (略称: Tokyo Tech)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 山岡 克式 / Katsunori Yamaoka / ヤマオカ カツノリ
第4著者 所属(和/英) 東京工業大学 (略称: 東工大)
Tokyo Institute of Technology (略称: Tokyo Tech)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2021-03-04 11:40:00 
発表時間 20 
申込先研究会 IN 
資料番号 IEICE-IN2020-65 
巻番号(vol) IEICE-120 
号番号(no) no.414 
ページ範囲 pp.67-72 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-IN-2021-02-25 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会