電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2021-03-04 10:40
屋外環境音が屋内の音環境に及ぼす影響のフラクタル次元を用いた検討
眞壁義明神奈川工科大)・武藤憲司柴山秀雄芝浦工大)・木村誠聡神奈川工科大SIS2020-40
抄録 (和) 著者らは良好な音環境の保全をめざし,波形の複雑さを利用した環境音の評価方法を研究している.これまで,波形の複雑さをフラクタル次元で評価し,その度合いを聴覚で識別できることや,鉄道沿線・飛行場周辺といった地域性が反映されることを報告してきた.本論文は,屋内の音環境に対して,屋外のそれが及ぼす影響を,フラクタル次元を用いて検討した.具体的には,大学の研究室の屋内と屋外で,同じ時間帯で計測した環境音のフラクタル次元を測定し,これらを比較・検討した.屋内の環境音のフラクタル次元が,屋外のそれに追随して変化することは見られなかったが,屋内環境の変化を捉えることができた. 
(英) We are conducting the study of evaluating method for environmental sound using complexity of time series wave of amplitude to keep good sound environment or soundscape. Since then, we have shown that it is possible to use Fractal dimension to evaluate wave complexity, our hearing can identify difference of Fractal dimension and Fractal dimension measured in railroad area or around airport reflects the features of those. This paper reports that the consideration of effect for transformation of Fractal dimension when the outside environmental sound comes into inside. In this paper, we have compared the Fractal dimension of the Inside and Outside of our laboratory in college and that is measured at the same time. The inside Fractal dimension is not reflected by the outside one, though we show that it is possible to catch the transformation of inside environment by surveying the Fractal dimension.
キーワード (和) 音環境 / 音風景 / 環境音 / 波形の複雑さ / フラクタル / フラクタル次元 / /  
(英) Sound Environment / Soundscape / Environmental Sound / Complexity of Time Series Wave / Fractal / Fractal Dimension / /  
文献情報 信学技報, vol. 120, no. 415, SIS2020-40, pp. 27-32, 2021年3月.
資料番号 SIS2020-40 
発行日 2021-02-25 (SIS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード SIS2020-40

研究会情報
研究会 SIS  
開催期間 2021-03-04 - 2021-03-05 
開催地(和) オンライン開催 
開催地(英) Online 
テーマ(和) ソフトコンピューティング,一般 
テーマ(英) Soft Computing, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 SIS 
会議コード 2021-03-SIS 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 屋外環境音が屋内の音環境に及ぼす影響のフラクタル次元を用いた検討 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Effect of Environmental Sound from Outside of Building to Inside by Using Fractal Dimension 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 音環境 / Sound Environment  
キーワード(2)(和/英) 音風景 / Soundscape  
キーワード(3)(和/英) 環境音 / Environmental Sound  
キーワード(4)(和/英) 波形の複雑さ / Complexity of Time Series Wave  
キーワード(5)(和/英) フラクタル / Fractal  
キーワード(6)(和/英) フラクタル次元 / Fractal Dimension  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 眞壁 義明 / Yoshiaki Makabe / 眞壁 義明
第1著者 所属(和/英) 神奈川工科大学 (略称: 神奈川工科大)
Kanagawa Institute of Technology (略称: Kanagawa Institute of Technology)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 武藤 憲司 / Kenji Muto / ムトウ ケンジ
第2著者 所属(和/英) 芝浦工業大学 (略称: 芝浦工大)
Shibaura Institute of Technology (略称: Shibaura Institute of Technology)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 柴山 秀雄 / Hideo Shibayama / シバヤマ ヒデオ
第3著者 所属(和/英) 芝浦工業大学 (略称: 芝浦工大)
Shibaura Institute of Technology (略称: Shibaura Institute of Technology)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 木村 誠聡 / Tomoaki Kimura / キムラ トモアキ
第4著者 所属(和/英) 神奈川工科大学 (略称: 神奈川工科大)
Kanagawa Institute of Technology (略称: Kanagawa Institute of Technology)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2021-03-04 10:40:00 
発表時間 20 
申込先研究会 SIS 
資料番号 IEICE-SIS2020-40 
巻番号(vol) IEICE-120 
号番号(no) no.415 
ページ範囲 pp.27-32 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-SIS-2021-02-25 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会