お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2021-03-04 13:20
[ポスター講演]OFDMとDFT-Precoded OFDMを併用した秘匿通信におけるフェーディング通信路下での受信特性評価
金子愛理落合秀樹四方順司横浜国大IT2020-128 ISEC2020-58 WBS2020-47
抄録 (和) 無線通信の盗聴を防ぐため,通信の存在自体を隠す手法が検討されている.本稿では,これまでに筆者らが提案している DFT-Precoding を適用した OFDM 信号と通常のOFDM 信号を併用した秘匿通信システムについて,その周波数選択性レイリーフェーディング環境下における受信特性を評価する.具体的には,情報ハイディング技術のひとつであるステガノグラフィの原理に基づき,カバー信号として DFT-Precoded OFDM を,また埋め込み信号として OFDM を割り当てる手法に対して,監視者における埋め込み信号の検出確率を理論解析するとともに,正規受信者における埋め込み信号のシンボル誤り率特性を計算機シミュレーションにより評価することで,提案手法のフェーディング環境における有用性を検証する. 
(英) We analyze the performance of a secure communication technique using OFDM and DFT-precoded OFDM signaling. Our approach is based on a wireless steganography where DFT-precoded OFDM is used as a cover signal and embedded secret data is carried by the superposed OFDM signal. This work theoretically analyzes the performance of a warden who attempts to detect the existence of the embedded signal in terms of his detection probability, and studies the symbol error rate achieved by a legitimate user through computer simulations where the communication channel is modeled by a practical frequency selective Rayleigh fading channel.
キーワード (和) OFDM / DFT-Precoded OFDM / ステガノグラフィ / 秘匿通信 / / / /  
(英) Covert communication / DFT-Precoded OFDM / OFDM / steganography / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 120, no. 412, WBS2020-47, pp. 104-109, 2021年3月.
資料番号 WBS2020-47 
発行日 2021-02-25 (IT, ISEC, WBS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード IT2020-128 ISEC2020-58 WBS2020-47

研究会情報
研究会 WBS IT ISEC  
開催期間 2021-03-04 - 2021-03-05 
開催地(和) オンライン開催 
開催地(英) Online 
テーマ(和) WBS・IT・ISEC合同研究会 
テーマ(英) Joint Meeting of WBS, IT, and ISEC 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 WBS 
会議コード 2021-03-WBS-IT-ISEC 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) OFDMとDFT-Precoded OFDMを併用した秘匿通信におけるフェーディング通信路下での受信特性評価 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Performance Evaluation of Secure Communication based on OFDM and DFT-Precoded OFDM over Fading Channel 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) OFDM / Covert communication  
キーワード(2)(和/英) DFT-Precoded OFDM / DFT-Precoded OFDM  
キーワード(3)(和/英) ステガノグラフィ / OFDM  
キーワード(4)(和/英) 秘匿通信 / steganography  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 金子 愛理 / Airi Kaneko / カネコ アイリ
第1著者 所属(和/英) 横浜国立大学 (略称: 横浜国大)
Yokohama National University (略称: YNU)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 落合 秀樹 / Hideki Ochiai / オチアイ ヒデキ
第2著者 所属(和/英) 横浜国立大学 (略称: 横浜国大)
Yokohama National University (略称: YNU)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 四方 順司 / Junji Shikata / シカタ ジュンジ
第3著者 所属(和/英) 横浜国立大学 (略称: 横浜国大)
Yokohama National University (略称: YNU)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2021-03-04 13:20:00 
発表時間 80 
申込先研究会 WBS 
資料番号 IEICE-IT2020-128,IEICE-ISEC2020-58,IEICE-WBS2020-47 
巻番号(vol) IEICE-120 
号番号(no) no.410(IT), no.411(ISEC), no.412(WBS) 
ページ範囲 pp.104-109 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-IT-2021-02-25,IEICE-ISEC-2021-02-25,IEICE-WBS-2021-02-25 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会