お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2021-03-04 11:20
エッジコンピューティングにおけるリソース認可のパターンについて
渡辺 龍窪田 歩KDDI総合研究所)・栗原 淳兵庫県立大IN2020-68
抄録 (和) 処理負荷の分散や即時応答性の確保のため,従来は中央サーバで行われていた処理を,通信モジュールを持つ機器の近傍の「エッジノード」で実施する「エッジコンピューティング」が注目されている.このエッジノードはネットワークオペレータ等,サービスプロバイダとは異なる事業者が提供しうる.個々のエッジノードの計算リソースは中央サーバに比べ乏しいため,正当なユーザ・サービスのみが計算リソースを利用でき,かつ計算リソースが枯渇しないように,その利用権限を動的に割り当てる必要がある.このためには,計算リソースの所有者が,その実行権限を委譲する「認可」の手法が利用できる.本稿では,インターネット上の代表的な認可手法である「OAuth」を,エッジコンピューティングでの計算リソースの認可に適用することを検討する.まず,エッジコンピューティングの参加者(ネットワークオペレータ,ユーザ,サービスプロバイダ)の相互関係性に依存し,適用する認可のフローが異なることを示す.その上で,エッジコンピューティングでの認可に特有な検討事項について述べる. 
(英) In order to realize a distribution of processing load and a prompt response, the concept of edge computing is drawing an attention. Under the edge computing environment, server processing is carried out on an edge node located near various devices with communication module instead of on a central server. These edge nodes can be provided by another entity other than service providers such as network operators. The edge nodes have less computing resources than a central server has. Therefore, appropriate dynamic resource management is required to avoid resource exhaustion. For this purpose, authorization techniques, e.g., OAuth, can be applied. In this paper, we consider to apply the OAuth protocol for a privilege delegation on the edge computing. Firstly, we clarify the authentication flows differ depending on the relationship of edge computing players (edge provider, user, service provider). We then describe the unique problems on resource privilege authorization on edge computing.
キーワード (和) エッジコンピューティング / 認可 / / / / / /  
(英) edge computing / authorization / / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 120, no. 414, IN2020-68, pp. 85-90, 2021年3月.
資料番号 IN2020-68 
発行日 2021-02-25 (IN) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード IN2020-68

研究会情報
研究会 IN NS  
開催期間 2021-03-04 - 2021-03-05 
開催地(和) オンライン開催 
開催地(英) Online 
テーマ(和) 一般 
テーマ(英) General 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 IN 
会議コード 2021-03-IN-NS 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) エッジコンピューティングにおけるリソース認可のパターンについて 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Resource Authorization Patterns on Edge Computing 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) エッジコンピューティング / edge computing  
キーワード(2)(和/英) 認可 / authorization  
キーワード(3)(和/英) /  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 渡辺 龍 / Ryu Watanabe / ワタナベ リュウ
第1著者 所属(和/英) KDDI総合研究所 (略称: KDDI総合研究所)
KDDI Resarch, Inc. (略称: KDDIR)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 窪田 歩 / Ayumu Kubota / クボタ アユム
第2著者 所属(和/英) KDDI総合研究所 (略称: KDDI総合研究所)
KDDI Resarch, Inc. (略称: KDDIR)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 栗原 淳 / Jun Kurihara / クリハラ ジュン
第3著者 所属(和/英) 兵庫県立大学 (略称: 兵庫県立大)
Unicersity of Hyogo (略称: UOH)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2021-03-04 11:20:00 
発表時間 20 
申込先研究会 IN 
資料番号 IEICE-IN2020-68 
巻番号(vol) IEICE-120 
号番号(no) no.414 
ページ範囲 pp.85-90 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-IN-2021-02-25 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会