お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2021-03-03 13:25
受容野の最適刺激を用いた畳込みニューラルネットワークの可視化手法
小林源太庄野 逸電通大NC2020-47
抄録 (和) 画像処理分野において畳込みニューラルネットワークは高い性能を示しており,様々な解釈の方法が提案されている.
例えば,特定のニューロンが最大となる入力画像を求める方法があるが,最適化によって様々な解が示されることがある.
我々はより安定な可視化手法として受容野と最適刺激を用いた手法を提案する.
ImageNetを学習したResNetとスキップ接続がないPlainNetに対し適用し,提案手法の有効性を示す.
結果として,スキップ接続特有の性質を確認することができた. 
(英) Convolutional neural networks have shown high performance at image processing task, and
they are interpreted by various methods.
For instance, there are visualization methods to estimate an input image by maximizing the activation of a neuron.
These methods have the problem that shows various solutions by optimization methods.
Here, we propose a visualization method using the preferred stimulus in the receptive field.
We apply our method to ResNet and PlainNet without skip connection trained on ImageNet.
Consequently, we show the effectiveness and confirm the properties of skip connection.
キーワード (和) 畳込みニューラルネットワーク / 受容野 / 可視化手法 / 最適刺激 / Residual Network / / /  
(英) Convolutional Neural Network / Receptive Field / Visualization / Preferred Stimulus / Residual Network / / /  
文献情報 信学技報, vol. 120, no. 403, NC2020-47, pp. 25-30, 2021年3月.
資料番号 NC2020-47 
発行日 2021-02-24 (NC) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード NC2020-47

研究会情報
研究会 NC MBE  
開催期間 2021-03-03 - 2021-03-05 
開催地(和) オンライン開催 
開催地(英) Online 
テーマ(和) NC, ME, 一般 
テーマ(英) Neuro Computing, Medical Engineering, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 NC 
会議コード 2021-03-NC-MBE 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 受容野の最適刺激を用いた畳込みニューラルネットワークの可視化手法 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Visualization of CNNs using Preferred Stimulus in Receptive Fields 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 畳込みニューラルネットワーク / Convolutional Neural Network  
キーワード(2)(和/英) 受容野 / Receptive Field  
キーワード(3)(和/英) 可視化手法 / Visualization  
キーワード(4)(和/英) 最適刺激 / Preferred Stimulus  
キーワード(5)(和/英) Residual Network / Residual Network  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 小林 源太 / Genta Kobayashi / コバヤシ ゲンタ
第1著者 所属(和/英) 電気通信大学 (略称: 電通大)
The University of Electro-Communications (略称: UEC)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 庄野 逸 / Hayaru Shouno /
第2著者 所属(和/英) 電気通信大学 (略称: 電通大)
The University of Electro-Communications (略称: UEC)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2021-03-03 13:25:00 
発表時間 25 
申込先研究会 NC 
資料番号 IEICE-NC2020-47 
巻番号(vol) IEICE-120 
号番号(no) no.403 
ページ範囲 pp.25-30 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-NC-2021-02-24 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会