お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2021-03-03 14:50
[依頼講演]Beyond 5Gが創る超スマート社会
阪口 啓丸田一輝福田英輔東工大RCS2020-217 SR2020-64 SRW2020-55
抄録 (和) 2020年に5Gの商用サービスが日本でいよいよ始まった.5Gは1)ミリ波,2)Massive MIMO,3)エッジコンピューティング,4)RANの仮想化,などの新たな技術を導入したが,サービスとしては未だスマートフォン中心となっており5Gの特徴を活かしきれていない.これまでの移動通信の歴史を振り返ると,3Gと4Gはセットでスマートフォンという新しいサービスプラットホームを創りだした.では5Gと6Gのセットは何を創り出すのか?それは超スマート社会(Super Smart Society)であろう.本稿では,超スマート社会推進コンソーシアムの取組みを中心に,超スマート社会の例とBeyond 5Gへの要求事項を紹介する.なお6Gは2030年の商用化が予想されているが,それまでの間に5Gは連続的な進化を遂げ,超スマート社会のための新たなサービスプラットホームが創り出されるであろう.本稿はその過程をBeyond 5Gと呼ぶことにする. 
(英) At last, 5G commercial service has been launched since year 2020 in Japan. 5G introduced new technologies such as 1) Millimeter-wave, 2) Massive MIMO, 3) Edge computing, and 4) RAN virtualization, however, the performance of these new technologies is not fully utilized since the commercial 5G still depends on smartphones. If we look back at the history of mobile generations, 3G and 4G can be considered as a set, which has created the smartphone as a new service platform. Then, what will be created by the set of 5G and 6G? That might be Super Smart Society (SSS). In this lecture, several examples of super smart society and their requirements on Beyond 5G are introduced by referring to the activities of the SSS Promotion Consortium. By the way, commercial service of 6G is expected to start in 2030, however, the 5G technologies will be continuously improved and a new service platform for super smart society will emerge. Such a kind of activity is called Beyond 5G in this lecture.
キーワード (和) 5G / 6G / Beyond 5G / 超スマート社会 / 超スマート社会推進コンソーシアム / / /  
(英) 5G / 6G / Beyond 5G / Super Smart Society / SSS Promotion Consortium / / /  
文献情報 信学技報, vol. 120, no. 405, SR2020-64, pp. 16-16, 2021年3月.
資料番号 SR2020-64 
発行日 2021-02-24 (RCS, SR, SRW) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード RCS2020-217 SR2020-64 SRW2020-55

研究会情報
研究会 RCS SR SRW  
開催期間 2021-03-03 - 2021-03-05 
開催地(和) オンライン開催 
開催地(英) Online 
テーマ(和) 移動通信ワークショップ 
テーマ(英) Mobile Communication Workshop 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 SR 
会議コード 2021-03-RCS-SR-SRW 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) Beyond 5Gが創る超スマート社会 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Towards Super Smart Society using Beyond 5G 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 5G / 5G  
キーワード(2)(和/英) 6G / 6G  
キーワード(3)(和/英) Beyond 5G / Beyond 5G  
キーワード(4)(和/英) 超スマート社会 / Super Smart Society  
キーワード(5)(和/英) 超スマート社会推進コンソーシアム / SSS Promotion Consortium  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 阪口 啓 / Kei Sakaguchi / サカグチ ケイ
第1著者 所属(和/英) 東京工業大学 (略称: 東工大)
Tokyo Institute of Technology (略称: Tokyo Tech)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 丸田 一輝 / Kazuki Maruta / マルタ カズキ
第2著者 所属(和/英) 東京工業大学 (略称: 東工大)
Tokyo Institute of Technology (略称: Tokyo Tech)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 福田 英輔 / Eisuke Fukuda / フクダ エイスケ
第3著者 所属(和/英) 東京工業大学 (略称: 東工大)
Tokyo Institute of Technology (略称: Tokyo Tech)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2021-03-03 14:50:00 
発表時間 25 
申込先研究会 SR 
資料番号 IEICE-RCS2020-217,IEICE-SR2020-64,IEICE-SRW2020-55 
巻番号(vol) IEICE-120 
号番号(no) no.404(RCS), no.405(SR), no.406(SRW) 
ページ範囲 p.75(RCS), p.16(SR), p.16(SRW) 
ページ数 IEICE-1 
発行日 IEICE-RCS-2021-02-24,IEICE-SR-2021-02-24,IEICE-SRW-2021-02-24 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会