お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2021-03-03 09:45
D2D通信における干渉キャンセル機能付きFog Nodeを用いた無線リソース再利用
京嶋裕幸張 裕淵府川和彦東工大RCS2020-209
抄録 (和) 次世代移動通信におけるM2M(machine to machine)通信は,大量の無線端末を運用すると共に高い信頼性と短い遅延時間,並びに高い電力効率が求められており,D2D(device to device)通信の無線端末間の直接通信により上記の要求条件を大方満足できる.一方で,M2M端末は処理能力やストレージに制約があるため,基地局上のクラウド利用が提案されているが,基地局との通信により遅延時間が大幅に増加する.そこで,端末の近くでM2M通信を局所的に管理しながらデータ処理を行うFog Nodeの導入が提案されている.しかしながら,直接通信に比べて通信経路が増え帯域を専有しやすいので,リソース共有を積極的に行い,周波数利用効率を上げる必要がある.そこで本報告では,Fog Nodeに干渉キャンセラの一種であるSIC (successive interference cancelation)を導入し,周波数有効利用を更に図るためにリソース再利用を提案する.計算機シミュレーションにより,提案方式は通信経路が増えて遅延時間に下限があるものの,通信路容量を送信電力で割った電力効率を大幅に向上できることを示す. 
(英) In the next generation mobile communication system, the M2M (machine-to-machine) communication is required to meet high reliability, short delay time, and high power efficiency, as well as a large number of wireless terminals to be accommodated. The D2D (device-to-device) communication directly connects devices to other devices, which can satisfy most of the above requirements. Since M2M terminals have insufficient processing power and storage, a cloud on the base station has proposed to help the terminals do information processing. However, communications between the terminals and base station can drastically increase latency of M2M applications. To tackle this problem, the deployment of Fog Nodes, which locally manage the M2M communications near the terminals while processing data, has been proposed. Since the Fog Node increases the number of times of transmission more than the direct communication, however, the frequency resource is more likely to be exhausted. Therefore, it is necessary to improve frequency utilization efficiency by actively sharing the resource. For this purpose, the report proposes a transmission scheme to employ successive interference cancellation (SIC), one of the interference cancelers at the Fog Node and to share wireless channels with the cellular system. Computer simulations show that the proposed scheme can significantly improve the power efficiency, which is defined as the ratio of the channel capacity to the transmission power, although the delay time is longer than one slot time due to the increase in the number of times of transmission.
キーワード (和) M2M通信 / D2D通信 / Fog Node / SIC / リソース再利用 / 電力効率 / /  
(英) machine-to-machine communication / device-to-device communication / Fog Node / successive interference cancelation / resource reuse / power efficiency / /  
文献情報 信学技報, vol. 120, no. 404, RCS2020-209, pp. 37-42, 2021年3月.
資料番号 RCS2020-209 
発行日 2021-02-24 (RCS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード RCS2020-209

研究会情報
研究会 RCS SR SRW  
開催期間 2021-03-03 - 2021-03-05 
開催地(和) オンライン開催 
開催地(英) Online 
テーマ(和) 移動通信ワークショップ 
テーマ(英) Mobile Communication Workshop 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 RCS 
会議コード 2021-03-RCS-SR-SRW 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) D2D通信における干渉キャンセル機能付きFog Nodeを用いた無線リソース再利用 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Wireless Resource Reuse Employing Fog Nodes with Interference Cancellation for D2D Communications 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) M2M通信 / machine-to-machine communication  
キーワード(2)(和/英) D2D通信 / device-to-device communication  
キーワード(3)(和/英) Fog Node / Fog Node  
キーワード(4)(和/英) SIC / successive interference cancelation  
キーワード(5)(和/英) リソース再利用 / resource reuse  
キーワード(6)(和/英) 電力効率 / power efficiency  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 京嶋 裕幸 / Hiroyuki Kyoshima / キョウシマ ヒロユキ
第1著者 所属(和/英) 東京工業大学 (略称: 東工大)
Tokyo Institute of Technology (略称: Tokyo Tech)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 張 裕淵 / Yuyuan Chang / チョウ ユウエン
第2著者 所属(和/英) 東京工業大学 (略称: 東工大)
Tokyo Institute of Technology (略称: Tokyo Tech)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 府川 和彦 / Kazuhiko Fukawa / フカワ カズヒコ
第3著者 所属(和/英) 東京工業大学 (略称: 東工大)
Tokyo Institute of Technology (略称: Tokyo Tech)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2021-03-03 09:45:00 
発表時間 25 
申込先研究会 RCS 
資料番号 IEICE-RCS2020-209 
巻番号(vol) IEICE-120 
号番号(no) no.404 
ページ範囲 pp.37-42 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-RCS-2021-02-24 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会