お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2021-03-02 10:30
合成刺激により誘発されるSSVEPを利用した個人識別に関する一検討
尾関佑哉玉木智也板井陽俊中部大BioX2020-42 CNR2020-15
抄録 (和) 個人を識別する生体情報として脳波の応用が期待されている. 我々は, 脳波の中でも点滅する光や模様により誘発されるSSVEPに着目している. 先行研究では一定ではない点滅周期を持つ点滅刺激に注意を向けた際に誘発されるSSVEPの周波数や大きさに個人差があることを明らかにした. さらにk-NN法によるクラスタリングにより98.87%の正解率を得た.
しかし, 先行研究は被験者数が3人と少なく, また, クラスタリングの入力脳波も後頭葉の1点であり改良の余地が多い. 本研究では, 被験者数の増加, および2つの電極から取得した脳波を入力ベクトルとしたクラスタリングを行い, SSVEPを利用した個人識別の実現可能性について検証する. 
(英) Recent years, the brain activity based personal identification is attracted attention. We focus on the Steady-State Visual Evoked Potential (SSVEP) to extract the personal characteristics. SSVEP is the brain response to the blinking light source or flickering checkerboard. When we focus our attention toward the flickering checkerboard, the SSVEP is enhanced in the frequency of flickering frequency and its second harmonic. Tamaki shows that the SSVEP evoked by modulated flickers includes the personal characteristics. In addition, the SSVEP and k-NN based identification technique is proposed. However, conditions of classification, i.e. the number of subjects and recorded EEG data, are limited. In this paper, 6 subjects SSVEP is used to the identification. In addition, the 2 electrodes are used as the feature parameters.
キーワード (和) SSVEP / 合成刺激 / 個人識別 / / / / /  
(英) SSVEP / Modulated visual stimulus / Personal ideutification / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 120, no. 393, BioX2020-42, pp. 12-17, 2021年3月.
資料番号 BioX2020-42 
発行日 2021-02-23 (BioX, CNR) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード BioX2020-42 CNR2020-15

研究会情報
研究会 BioX CNR  
開催期間 2021-03-02 - 2021-03-02 
開催地(和) オンライン開催 
開催地(英) Online 
テーマ(和) アイデンティティとコミュニケーション,及び一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 BioX 
会議コード 2021-03-BioX-CNR 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 合成刺激により誘発されるSSVEPを利用した個人識別に関する一検討 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) A Study on Personal Identification Using SSVEP Evoked by Modulated Visual Stimulus 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) SSVEP / SSVEP  
キーワード(2)(和/英) 合成刺激 / Modulated visual stimulus  
キーワード(3)(和/英) 個人識別 / Personal ideutification  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 尾関 佑哉 / Yuya Ozeki / オゼキ ユウヤ
第1著者 所属(和/英) 中部大学 (略称: 中部大)
Chubu University (略称: Chubu Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 玉木 智也 / Tomoya Tamaki / タマキ トモヤ
第2著者 所属(和/英) 中部大学 (略称: 中部大)
Chubu University (略称: Chubu Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 板井 陽俊 / Akitosi Itai / イタイ アキトシ
第3著者 所属(和/英) 中部大学 (略称: 中部大)
Chubu University (略称: Chubu Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2021-03-02 10:30:00 
発表時間 20 
申込先研究会 BioX 
資料番号 IEICE-BioX2020-42,IEICE-CNR2020-15 
巻番号(vol) IEICE-120 
号番号(no) no.393(BioX), no.394(CNR) 
ページ範囲 pp.12-17 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-BioX-2021-02-23,IEICE-CNR-2021-02-23 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会