お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2021-03-02 14:55
SD-EONにおけるトラフィック状況を考慮した経路制御手法
吉山大翔馬場健一工学院大PN2020-58
抄録 (和) 年々増大するインターネットトラフィックを効率よく収容する技術として,エラスティック光ネットワー
クが注目されている.また,IoT や5G を始めとした技術の発展に伴い,ソフトウェアでネットワークを制御可能にす
るSD-EON (Software Defind Elastic Optical Network) が注目され,SD-EON を実現する技術としてOpenFlow がある.
既存研究において,SD-EON にてトラフィックを重要度に応じて3 つのクラスに分類し,ヒューリスティックアルゴ
リズムを用いて最も重要なトラフィックを優先して収容する手法が提案されている.しかしヒューリスティックアル
ゴリズムは,これまで蓄積したデータを基に定式化を行うため,一時的なトラフィックの集中によって生じるリンク
使用率の偏りは考慮できない.そこで本稿では,SD-EON において重要度に応じてクラス分けしたトラフィックをよ
り効率よく収容可能にする経路探索手法を提案する.シミュレーション結果により,各経路探索手法における有効性
を示した. 
(英) Elastic optical networks are attracting attention as a technology to efficiently accommodate the ever-increasing
Internet traffic. In addition, with the development of technologies such as IoT and 5G, SD-EON (Software Defind Elastic Optical
Network), which enables networks to be controlled by software, is attracting attention, and OpenFlow is a technology that
realizes SD-EON. In existing research, a method has been proposed for SD-EON to classify traffic into three classes according
to their importance, and to prioritize and accommodate the most important traffic using a heuristic algorithm. However,
heuristic algorithms cannot take into account the bias in link utilization caused by temporary traffic concentration because they
are formulated based on the data accumulated so far. In this paper, we propose a routing method that can accommodate traffic
classified according to its importance more efficiently in SD-EON.
キーワード (和) エラスティック光ネットワーク / SDN / OpenFlow / 領域分割 / 経路制御 / / /  
(英) Elastic Optical Network / Software-Defind Network / OpenFlow / Domain Decomposition / Routing Control / / /  
文献情報 信学技報, vol. 120, no. 388, PN2020-58, pp. 92-97, 2021年3月.
資料番号 PN2020-58 
発行日 2021-02-22 (PN) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード PN2020-58

研究会情報
研究会 PN  
開催期間 2021-03-01 - 2021-03-02 
開催地(和) オンライン開催 
開催地(英) Online 
テーマ(和) フォトニックネットワーク関連技術,一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 PN 
会議コード 2021-03-PN 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) SD-EONにおけるトラフィック状況を考慮した経路制御手法 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Routing Control Method considering Traffic Consditons in Software Defind Elastic Optical Network 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) エラスティック光ネットワーク / Elastic Optical Network  
キーワード(2)(和/英) SDN / Software-Defind Network  
キーワード(3)(和/英) OpenFlow / OpenFlow  
キーワード(4)(和/英) 領域分割 / Domain Decomposition  
キーワード(5)(和/英) 経路制御 / Routing Control  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 吉山 大翔 / Sora Yoshiyama / ヨシヤマ ソラ
第1著者 所属(和/英) 工学院大学 (略称: 工学院大)
Kogakuin University (略称: Kogakuin Univ)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 馬場 健一 / Ken-ichi Baba / ババ ケンイチ
第2著者 所属(和/英) 工学院大学 (略称: 工学院大)
Kogakuin University (略称: Kogakuin Univ)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2021-03-02 14:55:00 
発表時間 25 
申込先研究会 PN 
資料番号 IEICE-PN2020-58 
巻番号(vol) IEICE-120 
号番号(no) no.388 
ページ範囲 pp.92-97 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-PN-2021-02-22 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会