お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2021-03-02 11:35
苦手意識を変容させるVR生活行動トレーニングシステムの研究
齊藤和登佐野睦夫阪工大)・中前 貴成本 迅京都府立医科大)・大井 翔立命館大IMQ2020-23 IE2020-63 MVE2020-55
抄録 (和) インターネットリサーチによる調査では,小学1年生から中学3年生までの子どもで,自発的に手伝いをしている子どもは全体の50.1%であった.従来研究ではVRを用いたゲーム性の有無によって手伝いの自発性を検証し,結果としてゲーム性有りでは内発的動機づけに良い影響を与えられなかった.そこで,本研究では従来研究のシステムに新たな報酬として,掃除の達成度に基づく評価を振り返りとして追加,実験を行い内発的動機付けに与える影響の検証を行った.結果,機械的評価による振り返りによって内発的動機づけを向上できた.また,振り返りをつけることでゲーム性が有るグループも内発的動機づけを向上できた. 
(英) Half of all children from an elementary school to a junior high school voluntarily help with housework according to internet research. Conventional research developed a system with virtual reality to enhance a person's intrinsic motivation, verified effectiveness between a system with game elements and a system without game elements, suggested an effect of a person's intrinsic motivation is low the system without game elements. to solve this problem, this study added a reflection function including an evaluation based on user's behavior to the conventional system, conducted verified to allows to enhance the effect of a person's intrinsic motivation. As a result, we conducted a Mann-Whitney U-test between the four systems, there was a significant difference. In other words, the system with the reflection function with and without game elements could enhance a person's intrinsic motivation.
キーワード (和) 内発的動機づけ / 振り返り / VR / トレーニングシステム / / / /  
(英) Motivation / VR / Looking back / Weak / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 120, no. 391, MVE2020-55, pp. 64-69, 2021年3月.
資料番号 MVE2020-55 
発行日 2021-02-22 (IMQ, IE, MVE) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード IMQ2020-23 IE2020-63 MVE2020-55

研究会情報
研究会 MVE IMQ IE CQ  
開催期間 2021-03-01 - 2021-03-03 
開催地(和) オンライン開催(崇城大学から変更) 
開催地(英) Online 
テーマ(和) 五感に訴えるオンラインメディアとその評価,および一般 (魅力工学(AC)研究会協賛) 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 MVE 
会議コード 2021-03-MVE-IMQ-IE-CQ 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 苦手意識を変容させるVR生活行動トレーニングシステムの研究 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Research on VR life behavior training system that transforms weakness 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 内発的動機づけ / Motivation  
キーワード(2)(和/英) 振り返り / VR  
キーワード(3)(和/英) VR / Looking back  
キーワード(4)(和/英) トレーニングシステム / Weak  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 齊藤 和登 / Kazuto Saito / サイトウ カズト
第1著者 所属(和/英) 大阪工業大学 (略称: 阪工大)
Osaka Institute of Technology (略称: OIT)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 佐野 睦夫 / Mutsuo Sano / サノ ムツオ
第2著者 所属(和/英) 大阪工業大学 (略称: 阪工大)
Osaka Institute of Technology (略称: OIT)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 中前 貴 / Takashi Nakamae / ナカマエ タカシ
第3著者 所属(和/英) 京都府立医科大学 (略称: 京都府立医科大)
Kyoto Prefectural University of Medicine (略称: KPUM)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 成本 迅 / Jin Narumoto / ナルモト ジン
第4著者 所属(和/英) 京都府立医科大学 (略称: 京都府立医科大)
Kyoto Prefectural University of Medicine (略称: KPUM)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 大井 翔 / Sho Ooi / オオイ ショウ
第5著者 所属(和/英) 立命館大学 (略称: 立命館大)
Ritsumeikan University (略称: Rits Univ)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2021-03-02 11:35:00 
発表時間 25 
申込先研究会 MVE 
資料番号 IEICE-IMQ2020-23,IEICE-IE2020-63,IEICE-MVE2020-55 
巻番号(vol) IEICE-120 
号番号(no) no.389(IMQ), no.390(IE), no.391(MVE) 
ページ範囲 pp.64-69 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-IMQ-2021-02-22,IEICE-IE-2021-02-22,IEICE-MVE-2021-02-22 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会