お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2021-03-02 09:35
失効機能をもつカメレオンハッシュの提案
松原功樹阪大)・宮地充子阪大/北陸先端大)・Tian Yangguang阪大ICSS2020-42
抄録 (和) ブロックチェーン上に登録されたデータは変更ができないが,Derlerら(2019)によるPolicy-based Chameleon Hash(PCH)はブロックチェーンの修正を可能した.これにより, アクセスポリシーを満たすユーザはトランザクションを書き換えることができる.しかしPCHには,アクセス権限を失ったユーザでも持っている鍵を用いて修正を行えるという特徴がある.そこで本研究では,Revocable Policy-based Chameleon Hash(R-PCH)を提案する.R-PCHは,アクセス権限を失ったユーザの失効を可能にすることで,既存のPCHに更なる安全性を提供する. 
(英) The data registered on the blockchain cannot be changed again, but Policy-based Chameleon Hash (PCH)by Derler et al. (2019) enables the blockchain to be modified.This allows users who satisfy the access policy to rewrite the data. However, PCH has a feature that even a user who has lost the access privileges can modify the blockchain using the key he or she has. In this paper, we propose Revocable Policy-based Chameleon Hash (R-PCH).The proposed R-PCH provides additional security to existing PCHs by allowing users who have lost their access privileges to revoke them.
キーワード (和) カメレオンハッシュ / 失効 / ブロックチェーン / / / / /  
(英) Chameleon Hash / revocation / blockchain / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 120, no. 384, ICSS2020-42, pp. 96-101, 2021年3月.
資料番号 ICSS2020-42 
発行日 2021-02-22 (ICSS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード ICSS2020-42

研究会情報
研究会 ICSS IPSJ-SPT  
開催期間 2021-03-01 - 2021-03-02 
開催地(和) オンライン開催(ハイブリッド開催から変更) 
開催地(英) Online 
テーマ(和) セキュリティ、トラスト、一般 
テーマ(英) Security, Trust, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 ICSS 
会議コード 2021-03-ICSS-SPT 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 失効機能をもつカメレオンハッシュの提案 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Proposal for Chameleon Hash with a Revocation Function 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) カメレオンハッシュ / Chameleon Hash  
キーワード(2)(和/英) 失効 / revocation  
キーワード(3)(和/英) ブロックチェーン / blockchain  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 松原 功樹 / Koki Matsubara / マツバラ コウキ
第1著者 所属(和/英) 大阪大学 (略称: 阪大)
Osaka University (略称: Osaka Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 宮地 充子 / Atsuko Miyaji / ミヤジ アツコ
第2著者 所属(和/英) 大阪大学/北陸先端科学技術大学院大学 (略称: 阪大/北陸先端大)
Osaka University/JAIST (略称: Osaka Univ./ JAIST)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) Tian Yangguang / Tian Yangguang /
第3著者 所属(和/英) 大阪大学 (略称: 阪大)
Osaka University (略称: Osaka Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2021-03-02 09:35:00 
発表時間 25 
申込先研究会 ICSS 
資料番号 IEICE-ICSS2020-42 
巻番号(vol) IEICE-120 
号番号(no) no.384 
ページ範囲 pp.96-101 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-ICSS-2021-02-22 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会