お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2021-03-02 10:20
情報指向型センサネットワークにおけるクラウド型負荷分散モデルの設計と評価
長岡英進山口歩夢吉井優輝水野 修工学院大SITE2020-48 IA2020-44
抄録 (和) 我々は,複数のIoTサービスを実現するセンサネットワークとして,情報指向型ネットワーク(ICN)を適用した情報指向型センサネットワーク(ICSN)を提案している.しかし,ICSNにおいて複数サービスが存在する環境下で運用した場合,サービス数に応じ要求数が増加し,シンクノードで要求に対する処理負荷の増大により,負荷集中が発生する恐れがある.そこで本報告では,ICSNにクラウドとゲートウェイを導入したクラウド型負荷分散モデルを提案し,ホスト端末上の仮想環境でCeforeを用いて実装して評価を行った.その結果,シンクノードの負荷を分散し,ICSNを複数サービスが存在する環境への適用が可能であることを示した. 
(英) We proposed the wireless sensor network applying ICN (Information-Centric Networking) to provide various IoT services and have developed a sensor network based on ICN based Wireless Sensor Networks (ICSN). However, when ICSN is operated in an environment where multiple services execution, the number of requests increases in accordance with the number of services, which may cause load concentration due to an increase in the processing load for requests at the sink node. In this paper, we propose a cloud-based load distribution model with cloud and gateways for ICSN. We implemented and evaluated the model using Cefore in a virtual environment on a host terminal. As a result, we showed that it could be applied to an environment with multiple services by load balancing.
キーワード (和) センサネットワーク / IoT / 情報指向型ネットワーク / クラウド / 負荷分散 / / /  
(英) Wireless Sensor Network / Internet of Things / Information-Centric Networking / Cloud / Load distribution / / /  
文献情報 信学技報, vol. 120, no. 381, IA2020-44, pp. 58-63, 2021年3月.
資料番号 IA2020-44 
発行日 2021-02-22 (SITE, IA) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード SITE2020-48 IA2020-44

研究会情報
研究会 SITE IA IPSJ-IOT  
開催期間 2021-03-01 - 2021-03-02 
開催地(和) オンライン開催 
開催地(英) Online 
テーマ(和) インターネットと情報倫理教育、一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 IA 
会議コード 2021-03-SITE-IA-IOT 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 情報指向型センサネットワークにおけるクラウド型負荷分散モデルの設計と評価 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Design and Evaluation of Cloud-based Load Distribution Model in Information-Centric Networking based Wireless Sensor Networks 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) センサネットワーク / Wireless Sensor Network  
キーワード(2)(和/英) IoT / Internet of Things  
キーワード(3)(和/英) 情報指向型ネットワーク / Information-Centric Networking  
キーワード(4)(和/英) クラウド / Cloud  
キーワード(5)(和/英) 負荷分散 / Load distribution  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 長岡 英進 / Eishin Nagaoka / ナガオカ エイシン
第1著者 所属(和/英) 工学院大学 (略称: 工学院大)
Kogakuin University (略称: Kogakuin Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 山口 歩夢 / Ayumu Yamaguchi / ヤマグチ アユム
第2著者 所属(和/英) 工学院大学 (略称: 工学院大)
Kogakuin University (略称: Kogakuin Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 吉井 優輝 / Masaki Yoshii / ヨシイ マサキ
第3著者 所属(和/英) 工学院大学 (略称: 工学院大)
Kogakuin University (略称: Kogakuin Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 水野 修 / Osamu Mizuno / ミズノ オサム
第4著者 所属(和/英) 工学院大学 (略称: 工学院大)
Kogakuin University (略称: Kogakuin Univ.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2021-03-02 10:20:00 
発表時間 25 
申込先研究会 IA 
資料番号 IEICE-SITE2020-48,IEICE-IA2020-44 
巻番号(vol) IEICE-120 
号番号(no) no.380(SITE), no.381(IA) 
ページ範囲 pp.58-63 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-SITE-2021-02-22,IEICE-IA-2021-02-22 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会