お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2021年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2021-03-01 14:35
自己組織化膜を正孔バッファー層に用いた逆型ペロブスカイト太陽電池の作製
上田隆夫佐藤光騎伊東栄次信州大)・小野博信郷田 隼日本触媒OME2020-21
抄録 (和) 本研究では、浸漬によって製膜したカルバゾール誘導体の自己組織化単分子膜、またはポリマー材料と酸化グラフェン(GO)の交互吸着膜を極薄の正孔バッファー層とし、電子バッファー層にZnO系のナノ粒子を用いた逆型ペロブスカイト太陽電池の作製と評価を行った。ITOを極薄の正孔バッファー層で被覆することで結晶性は変わらないが、より緻密なペロブスカイト膜が得られ、正孔バッファー層の正孔選択性と漏れ電流が抑えられたことで太陽電池の高効率化に繋がった。加えてスピンコート時にクロロベンゼンをドリッピングするタイミングや回転条件を変えることでペロブスカイト層が緻密になり短絡光電流やフィルファクターが改善し高性能化した。 
(英) In this study, we have fabricated inverted perovskite solar cells (IPSCs) consisting of ITO/ultra-thin hole buffer layer/ perovskite layer/ fullerene derivative (PCBM)/ ZnO-based electron buffer layer/ Al structures. We prepared hole buffer layers with self-assembled-monolayer (SAM) of carbazole derivative or ultra-thin graphene oxide (GO) film deposited by layer-by-layer deposition of GO and poly(diallyldimethylammonium chloride) (PDDA), and electron buffer layers with ZnO and aluminum doped ZnO nanoparticles. The power conversion efficiencies and fill factors of IPSCs with SAM hole buffer layers markedly improved owing to the efficient hole selectivity and relatively dense perovskite film formation. This feature also contributes to the reduction of leakage current. The fill factor and short circuit current of IPSCs were also improved by changing the dripping condition of chlorobenzene during the spincoating of precursor solution of perovskite layers.
キーワード (和) 逆型ペロブスカイト太陽電池 / 酸化グラフェン / カルバゾール誘導体 / ZnOナノ粒子 / / / /  
(英) Inverted perovskite solar cells / Graphene oxide / carbazole derivatives / zinc oxide nanoparticles / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 120, no. 383, OME2020-21, pp. 8-13, 2021年3月.
資料番号 OME2020-21 
発行日 2021-02-22 (OME) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード OME2020-21

研究会情報
研究会 OME IEE-DEI  
開催期間 2021-03-01 - 2021-03-02 
開催地(和) オンライン開催 
開催地(英) Online 
テーマ(和) 有機材料・薄膜、有機デバイス、一般 
テーマ(英) Organic Molecular Electronics 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 OME 
会議コード 2021-03-OME-DEI 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 自己組織化膜を正孔バッファー層に用いた逆型ペロブスカイト太陽電池の作製 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Fabrication of inverted perovskite solar cells with self-assembled hole buffer layers 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 逆型ペロブスカイト太陽電池 / Inverted perovskite solar cells  
キーワード(2)(和/英) 酸化グラフェン / Graphene oxide  
キーワード(3)(和/英) カルバゾール誘導体 / carbazole derivatives  
キーワード(4)(和/英) ZnOナノ粒子 / zinc oxide nanoparticles  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 上田 隆夫 / Takao Ueda / ウエダ タカオ
第1著者 所属(和/英) 信州大学 (略称: 信州大)
Shinshu University (略称: Shinshu Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 佐藤 光騎 / Koki Sato / サトウ コウキ
第2著者 所属(和/英) 信州大学 (略称: 信州大)
Shinshu University (略称: Shinshu Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 伊東 栄次 / Eiji Itoh / イトウ エイジ
第3著者 所属(和/英) 信州大学 (略称: 信州大)
Shinshu University (略称: Shinshu Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 小野 博信 / Ono Hironobu / オノ ヒロノブ
第4著者 所属(和/英) 日本触媒 (略称: 日本触媒)
Nipponshokubai (略称: Nipponshokubai)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 郷田 隼 / Goda Shunn / ゴウダ シュン
第5著者 所属(和/英) 日本触媒 (略称: 日本触媒)
Nipponshokubai (略称: Nipponshokubai)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2021-03-01 14:35:00 
発表時間 15 
申込先研究会 OME 
資料番号 IEICE-OME2020-21 
巻番号(vol) IEICE-120 
号番号(no) no.383 
ページ範囲 pp.8-13 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-OME-2021-02-22 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会